江口洋介が無愛想ながらも信念を持った医者を演じた、ドラマ「赤ひげ」

ドラマ「赤ひげ」(2002年)が、6月17日(月)に時代劇専門チャンネルで放送される。原作は山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」で、映画にテレビドラマと何度も映像化されてきた。中でも、三船敏郎と加山雄三を主演とする1965年の映画は、巨匠・黒澤明の傑作の一つとして知られる。2002年のテレビドラマ版は、その黒澤映画の完全リメイクとなる。

医者見習い・保本を演じる伊藤英明
医者見習い・保本を演じる伊藤英明

時は幕末、幕府の御目見医を目指し長崎で蘭方医学を学んだ青年・保本登が、江戸に帰ってきた。貧しい庶民のための医療施設・小石川養生所で見習いとして働くことになった保本は、無愛想で横暴な医長の"赤ひげ"こと新出去定に反発する。しかし、養生所で働く人や患者たちと接するうちに、赤ひげの人間性に惹かれ、医者としての生き方を学び成長していく。幕末を舞台に、生命とは何かをもう一度見つめ直す感動のヒューマンドラマだ。

本作の主演には、江口洋介が起用された。1986年に俳優デビューした江口は、「東京ラブストーリー」(1991年)をはじめとする90年代のトレンディドラマに多数出演して人気を確立。1993年の大ヒット作「ひとつ屋根の下」のあんちゃん、1999年からの「救命病棟24時」シリーズの進藤先生など、過去に演じてきた役柄も未だ強い印象を残す。人情味溢れる頼れる兄貴分に孤高の天才外科医、全く異なる役のイメージを持つ稀有な俳優の一人と言えるだろう。

この記事の全ての画像を見る

放送情報【スカパー!】

赤ひげ(主演:江口洋介)
放送日時:6月17日(月)23:00~
放送チャンネル:時代劇専門チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物