岡田将生松坂桃李柳楽優弥が見せる最高のコンビネーション!30代半ばになったゆとりトリオの変化

「ゆとりですがなにか インターナショナル」
「ゆとりですがなにか インターナショナル」

(C)2023「ゆとりですがなにか」製作委員会

それぞれ10代半ばから20歳で俳優デビューし、数々の作品を経験してきた岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥。若手俳優という枠を超えて第一線を駆け抜け、30代を迎えた今も進化を続けながら活躍している。

岡田は、爽やかな青年や愛されキャラなどに定評があるが近年では悪役もこなし、役の幅を広げている。第94回アカデミー賞国際長編映画賞を受賞した「ドライブ・マイ・カー」(2021年)での狂気をはらんだヒール役や、山下敦弘監督と宮藤官九郎がタッグを組んだ「1秒先の彼」(2023年)での愛されヒロイン感のある残念イケメン役など、異なる役柄を好演した。

今年俳優デビュー15周年を迎えた松坂も、多彩なジャンルの作品で高く評価されてきた。「孤狼の血」(2018年)、「新聞記者」(2019年)、「流浪の月」(2022年)などで難役を演じ切り、昨年ヒットしたドラマ「VIVANT」でもメインキャストの一人として"別班"の一員を演じ話題を呼んだ。

是枝裕和監督作「誰も知らない」(2004年)で脚光を浴びた柳楽は、以降も映画やドラマで存在感を発揮し、"天才子役"という栄光からの葛藤や苦難を乗り越え、シリアスからコメディまで硬軟自在な演技を見せる役者へと進化を遂げた。2022年には主演を務めたヴィレッジ・サイコスリラードラマ「ガンニバル」が全世界配信され、最新主演作「夏目アラタの結婚」も9月に公開を控える。

6年ぶりの新作として昨年公開された「ゆとりですがなにか インターナショナル」
6年ぶりの新作として昨年公開された「ゆとりですがなにか インターナショナル」

(C)2023「ゆとりですがなにか」製作委員会

三者三様に魅力を放ちながら活躍する3人。彼らが"ゆとり世代"を演じて最高のコンビネーションを見せた作品が、「ゆとりですがなにか インターナショナル」(2023年)だ。本作は、大人になった"ゆとり世代"の日々を描いた宮藤官九郎脚本による2016年のドラマ「ゆとりですがなにか」の劇場版。

アラサー男子3人が仕事と恋、家族や友情に迷う笑いあり涙ありの痛快社会派コメディは大きな話題となった。翌年にはスペシャルドラマとして「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」も放送され、数々の名言で話題になった仲野太賀演じる山岸ひろむを主人公にしたスピンオフドラマ「山岸ですがなにか」も配信された。熱狂的なファンを多く獲得したドラマ版とスピンオフ、そしてコロナ禍による延期という苦難も経て主要キャストが再結集し、6年ぶりとなる新作となった。

「野心がない」「競争意識がない」「協調性がない」など、何かと批判の対象にされてきた1987年生まれの"ゆとり第一世代"。かつて「ゆとり」と呼ばれた坂間正和、山路一豊、道上まりぶの3人は、それぞれに人生の岐路に立たされていた。実家の酒蔵を継いだ正和は、専属取引していた居酒屋チェーンが韓国企業に買収されて契約が打ち切り寸前と、存続の危機に。さらには妻の茜との夫婦仲もいまいちで倦怠期を迎えていた。小学校教師の山路はマッチングアプリで連戦連敗と、いまだ女性経験ゼロ。中国に渡った元フリーターのまりぶは事業に失敗して帰国した。働き方改革やコンプライアンスなど新時代の波が押し寄せる中、3人は新たな人生の岐路にどう立ち向かうのか...。

この記事の全ての画像を見る

放送情報【スカパー!】

ゆとりですがなにか インターナショナル
放送日時:2024年7月13日(土)20:00~
チャンネル:WOWOWシネマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物