鈴木亮平が持ち前の役作りで野球部監督を熱演!弱小野球部が甲子園を目指す「下剋上球児」で見せた新境地

強豪高校を相手に甲子園出場を目指す弱小高校野球部の挑戦を描いたドラマ「下剋上球児」。本作は三重県立白山高校が2018年に夏の甲子園に初出場するまでの軌跡を描いた菊地高弘の同名作品にインスピレーションを受けているが、いわゆるスポ根一直という作品ではない。高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題や愛の形を描いたドリームヒューマンエンターテインメントとなっているところがいかにも日曜劇場らしい。

ユニフォーム姿の鈴木亮平
ユニフォーム姿の鈴木亮平

(C)TBSスパークル/TBS

物語の舞台は、三重県立越山高校。同校の野球部は1名を除いてやる気のない幽霊部員ばかりで、とても甲子園を目指せるような状況になかった。そんな野球部の監督兼顧問への就任を打診されたのが、生徒や保護者からの人望も厚い社会科教師・南雲脩司だ。高校時代にスポーツ推薦で大学に進学するほど野球漬けの過去があるだけにすんなりと就任するかと思いきや、家族との時間も大切にしたいという考えから就任を頑なに拒んでいた。ところが、周囲に巻き込まれる形で、なし崩し的に野球部の手伝いをしていくことになるというが物語のあらすじだ。

この記事の全ての画像を見る

放送情報【スカパー!】

下剋上球児
放送日時:7月13日(土)09:00~[全話一挙放送]
放送チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物