主演・竹内涼真が歌にも挑戦!?バイクに乗らない異色の仮面ライダー

ドラマ「下町ロケット」や連続テレビ小説「ひよっこ」、そして映画『青空エール』『帝一の國』など、さまざまな作品に出演する人気俳優・竹内涼真。その爽やかさで老若問わず絶大な人気を誇る彼の初主演作として知られるのが、平成仮面ライダーシリーズ第16作目となる「仮面ライダードライブ」だ。

頻発する怪事件と、自分を含めた周囲の時間が止まったかのように、体をいつものように動かすことができなくなる怪現象"どんより"が起きていた2014年の日本。警視庁が新設した特殊状況下事件捜査課、通称「特状課」に配属された、竹内演じる若き刑事・泊進ノ介はスーパーカーと、そのナビゲーションシステムでもある人の言葉を話すベルト形態のドライブドライバーと出会ったことから、仮面ライダードライブに変身して"どんより"に関わる謎の怪人「ロイミュード」と戦うことになる。

従来の仮面ライダーシリーズの主人公は、オートバイに乗って、悪の組織が悪さをしている現場に駆けつけるのがお約束だった。しかし、本作で竹内が乗るのは「トライドロン」と称されるスーパーカーなのだ。開発者でもある天才科学者クリム・スタインベルトの全意識が転送されたドライブドライバー、通称「ベルトさん」のメインボディともいえるトライドロンは、空気抵抗を極力排除したフォルムがカッコいい「タイプスピード」など、さまざまなタイプに変形することができる。まさに仮面ライダーの"相棒"と呼ぶに相応しい存在だ。

(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

今までは、いつでも敵と戦えるような大学生など比較的自由な社会的立場が多かった仮面ライダーだが、今回、竹内が演じている進ノ介が警視庁所属の刑事と、しっかりと職に就いていていることも話題となった。いつもネクタイとスーツ&革靴の出で立ちは、小顔で長身という竹内のスタイルを際立たせ、いわゆる"スーツ萌え"の女性たちの目も大いに楽しませてくれる。

また竹内は、仮面ライダーマッハに変身する詩島剛を演じた稲葉友、仮面ライダーチェイサーとなる元ロイミュード試作体・チェイス役の上遠野太洸、3人の仮面ライダーがそろって歌うキャラクターソング 「Spinning Wheel」で、本格的に歌に挑戦している。3人にとって大切な存在でもあるヒロイン・霧子へ抱くそれぞれの思いを熱いロックサウンドに乗せたこの曲で、竹内は驚くほどに安定した音程と伸びやかな歌声を聞かせてくれる。泊進之介というキャラクターを反映させたその素朴な歌い方は、彼が今までバラエティ番組やCMで披露してきたものとは異なる味わいが楽しめるはずだ。

その他にも、人気DJのクリス・ペプラーがベルトさんの声を担当するなど、話題に事欠かない「仮面ライダードライブ」。きりっと引き締まった表情をみせる竹内の熱く、ひた向きな演技はもちろん、今なおシリーズ屈指の異色作として人気を誇る、その多彩な世界感に触れてほしい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

仮面ライダードライブ

放送日時:2018年7月17日(火)18:00~

※毎週(火)18:00~ほか

チャンネル:東映チャンネル

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

関連人物

関連記事