イケメンライダーから本格俳優へ、菅田将暉の進撃が止まらない!

ちゃんぽん食べたか
ちゃんぽん食べたか

「さあ、お前の罪を数えろ!」

そんな決めぜりふがファンに人気だった「仮面ライダーW」。2009年に放送されたこの番組でデビューを飾り、その後着々と人気と実力を高めている俳優がいる。主役のフィリップ役を務めた菅田将暉だ。

昨年2017年には多くの映画に出演し、主演した『あゝ、荒野 前篇』で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞ほか、数々の賞を受賞。「おんな城主 直虎」でNHK大河ドラマにも出演し、シングルCD「見たこともない景色」でソロ歌手としてデビューも飾るなど、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。今年も映画にドラマに大活躍の菅田の素顔に迫ってみよう。

モデルのオーディションから俳優へ、懸命な努力が実を結ぶ

菅田は1993年2月、大阪府に生まれた。2008年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場し、ファイナリストとなる。そのイケメンぶりは当初から認められていたわけだ。このコンテストをきっかけに、菅田は芸能事務所に所属するようになる。

2009年には「仮面ライダーW」で、ドラマ初出演にして初の主演を務め俳優デビューを飾る。菅田は演技は初めてだったが、役になりきろうと懸命だったという。

そこから菅田は、俳優としての道を歩み始める。2009年公開の映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦 2010』にも引き続き出演し、2010年には「ハンマーセッション!」「獣医ドリトル」などのTVドラマにも出演した。そして2013年には映画『共喰い』で主演し、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。一躍脚光を浴びることとなる。

ごちそうさんっていわしたい!

(C)NHK

持って生まれた才能と、役作りに徹する努力が今の菅田を創り上げた

菅田の演技の特徴は、どんな役にでもなりきってしまうところにある。そのためカメレオン俳優とも呼ばれるが、それは俳優としての力量を表す誉め言葉と言えるだろう。

菅田の演技は非常に感覚的で、才能があふれるのが見えるほどだという。彼を「天才だ」と語る関係者もいる。しかしそういった評価があっても、菅田は役作りのために過酷な減量を行うなど、努力をいとわない俳優でもあるのだ。

2015年にNHKで放送されたさだまさしの自伝的小説のドラマ化「ちゃんぽん食べたか」では、主役のさだまさし役を務めた。当然、楽器を弾くシーンがあるわけだが、菅田はバイオリン、ギターの練習を重ねて弾けるまでに上達したという。

同じく、2013年のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」でも、役作りに徹する菅田の姿が見られる。大正から昭和の時代を生きる女性を描いたドラマで、菅田は中学生の西門泰介役として、坊主頭で出演したのだ。翌年放送されたスピンオフ作品の「ごちそうさんっていわしたい!」でも引き続き泰介役で出演し、今度は恋に揺れる青年を演じている。

「仮面ライダーW」からスタートした菅田は努力と才能で、第一線で活躍する俳優となった。彼が出演するドラマ「ちゃんぽん食べたか」はホームドラマチャンネルにて10月10日(水)から放送スタート、「ごちそうさんっていわしたい!」はファミリー劇場にて10月28日(日)に放送予定だ。彼の俳優としての成長過程を、今一度振り返ってみるのも面白そうだ。

文=堀慎二郎

この記事の画像

放送情報

ちゃんぽん食べたか

放送日時:2018年10月10日(水) 00:15~

チャンネル:ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ

ごちそうさんっていわしたい!

放送日時:2018年10月28日(日)17:35~

チャンネル:ファミリー劇場

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事