実写版『アラジン』ジーニー役のウィル・スミス 俳優、ミュージシャンとしてのすごすぎる実力

映画『メン・イン・ブラック』でのウィル・スミス
映画『メン・イン・ブラック』でのウィル・スミス

ディズニーの名作アニメ『アラジン』が、ガイ・リッチー監督の手により実写化され、日本でも6月7日(金)に公開となる。
アニメ版『アラジン』は、ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベルで大ヒットした名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生み出した。すでに公開されている実写予告編では、アラジン役のミーナ・マスードとジャスミン役のナオミ・スコットのデュエットによる同曲が披露され注目されている。
この実写版『アラジン』で人気キャラ"ランプの魔人"ジーニーを演じているのが、ウィル・スミスだ。ウィル・スミスも、アニメ版でロビン・ウィリアムズがジーニーの登場シーンで歌った「フレンド・ライク・ミー」でラップを披露し、ヒップホップファンを歓喜させた。

■グラミー賞受賞の実力派アーティスト

ウィル・スミスといえば、『メン・イン・ブラック』シリーズ、『ALI アリ』、『幸せのちから』などコミカルからシリアスまでを演じ分け、メガヒットを連発するアメリカを代表する俳優...という印象が強いが、デビューはラッパー。DJ Jazzy Jeff&The Fresh Princeのラッパー、The Fresh Princeとして1987年にデビューし、翌年には「Parents Just Don't Understand」でグラミーを受賞している。

俳優デビューは1990年のテレビのシットコム(シチュエーション・コメディー)「ベルエアのフレッシュ・プリンス」で、これは6年続く人気シリーズとなり、1992年には『ハートブレイク・タウン』で映画界に進出。1996年には主演映画『インデペンデンス・デイ』が大ヒットした。

■主演映画『メン・イン・ブラック』に主演、さらに主題歌も!

映画『メン・イン・ブラック2』

アーティストとして再注目されたのは、主演映画『メン・イン・ブラック』(1997年)の主題歌「Men in Black」を手掛けたこと。サウンドトラックは全米1位を記録し、300万枚のセールスとグラミー賞も手に入れた。その後も、自身が主演した映画主題歌「ワイルド・ワイルド・ウエスト」(1999年)をチャートのトップに送り込んでいる。

最近は目立った音楽活動をしていなかったが、昨年はモスクワで開催されたFIFAワールドカップの閉会式で、Nicky Jamのオフィシャルソング「Live It Up」にEra Istrefiとフィーチャリング参加。日本からPerfumeも参加した「コーチェラ・フェスティバル2019」では、映画『幸せのちから』で共演した息子のジェイデン・スミスのステージに飛び入りして、映画だけでなく、音楽でも親子共演で沸かせた。

5月16日には映画『アラジン』のマジックカーペットイベントで15回目の来日を果たしたウィル・スミス。『アラジン』の主題歌「ホール・ニュー・ワールド」や、『美女と野獣』、『リトル・マーメイド』など数々のディズニー映画の名曲を生み出した作曲家アラン・メンケンと共にサプライズで「フレンド・ライクミー」を披露した。映画『アラジン』では、ロビン・ウィリアムズとはまた一味違ったヒップホップのフレーバーが感じられる新感覚のジーニーが見られそうだ。

文=坂本ゆかり

この記事の全ての画像を見る

放送情報

メン・イン・ブラック
放送日時:6月8 日(土)18:30~

メン・イン・ブラック2
放送日時:6月8 日(土)19:15~
チャンネル:スターチャンネル2
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物