山田孝之×佐藤健が兄弟に!大人のファンタジー映画「ハード・コア」

「ハード・コア」より
「ハード・コア」より

大人になっても「ドラえもんに出会えたら...」と思うことはないだろうか?荒んだ昨今はなおさらそう思うが、4月27日(月)に映画・チャンネルNECOで放送される映画『ハード・コア』は、そんな大人のファンタジーを描いた作品だ。

(C)2018「ハード・コア」製作委員会

この映画は俳優・山田孝之が、狩撫麻礼、いましろたかしによる原作漫画『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』にほれ込み、主演のみならずプロデュースも務め、自身の名を冠したドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」、「山田孝之のカンヌ映画祭」、映画『映画 山田孝之3D』でがっちりタッグを組んだ山下敦弘を監督に据えるほどの思い入れのある作品。原作者・狩撫麻礼の作品は、『ア・ホーマンス』、『オールド・ボーイ』など、映画化作品も多い。本作も、これら前述の映画同様、暴力、ハードボイルドと格差社会、差別、コンプレックス、そしてそこに優しさがせめぎ合う作品だ。

(C)2018「ハード・コア」製作委員会

山田孝之演じる主人公・権藤右近は、すぐにキレるはみだしもの。しかし、義理人情を重んじる心根は優しい人物だ。破天荒だけど、ちょっとしたところに優しさが見える、そんな山田孝之の抑えたハードボイルドな演技がいい。(最初にキレるシーンでは、LINDBERGの「今すぐKISS ME」をカラオケで熱唱するカメオ出演の松たか子にも注目してほしい)

(C)2018「ハード・コア」製作委員会

右近の弟、左近を演じるのは、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」のツンデレ魔王で女子たちをキュン死にさせた佐藤健。「恋つづ」の天堂先生同様にドSキャラな左近だが、高層オフィスでのラブシーンなど、天堂先生を期待すると、ちょっとショックなシーンもあるのでご注意を。兄の右近とは真逆ともいえる一流商社のエリート社員だが、腐った世の中に失望している。なぜかダメな兄を突き放さずに心配する優しさがあり、知性を武器にサポートする。

(C)2018「ハード・コア」製作委員会

そして、右近の唯一の友だち牛山を演じるのは、名バイプレーヤーの荒川良々。牛山は心優しいが、性欲を発散できずに悶々とした日々を送っている。悶々としすぎて、セクシーランジェリーを身に着けてしまうことも(笑)。そんな右近と牛山は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝う仕事をしていたが、牛山が住みかとしていた廃屋で、ある日、謎の古びたロボット"ロボオ"と出会う。

『オズの魔法使』のブリキ男のような前時代的な見た目のロボオだが、「googleが必至になって開発しているAIよりもはるかに高性能」だという。ドラえもんのようにお助けアイテムを出してくれるわけではないが、家族から見放されて1人ぼっちになった3人は、徐々に友情という絆を深めてゆくが、人生が一変する一大事が巻き起こる。

ロボオというドラえもんと出会い、底辺に生きる男たちが描くファンタジーは、希望の見えない現代に、ほっこりとした気持ちを与えてくれる。男たちの末路が「めでたし、めでたし」と締めくくれるかは、作品を見て確認してほしい。

文=坂本ゆかり

この記事の画像

放送情報

ハード・コア
放送日時:2020年4月27日(月)23:55~
チャンネル:映画・チャンネルNECO
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!