マルチに活躍する菅田将暉 若き日に主演した『仮面ライダーW』を今こそ

菅田将暉(「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE ディレクターズカット版」より)
菅田将暉(「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE ディレクターズカット版」より)

2009年に俳優デビューして以来、持ち前の演技力でさまざまな役を演じ分け、大ブレイク中の菅田将暉。俳優として数多くのドラマや映画、CMで活躍する一方で、他ジャンルでも存在感を発揮。人気アーティストとのコラボも話題となった歌手活動、ラジオのメインパーソナリティなどマルチに活躍し、その人気は広くお茶の間に浸透している。

8月21日(金)には、延期されていた小松菜奈とのダブル主演映画『糸』が公開予定。榮倉奈々や斎藤工など脇を固める豪華なキャスト陣とともに、中島みゆきの名曲『糸』の世界観を映像化した本作だけに、こちらも注目を集めるに違いない。

「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE ディレクターズカット版」より

©2010劇場版「オーズ&ダブルfeat.スカル」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの菅田がドラマ初主演を果たしたのが、2009年に平成仮面ライダー10周年プロジェクトの第3弾として放送された「仮面ライダーW(ダブル)」。今では若手俳優の登竜門として知られる仮面ライダーシリーズに最年少で抜擢(フィリップ役)されると、桐山漣(左翔太郎役)とのW主演でシリーズ初の試みとなる2人で1人の仮面ライダーWに挑戦。風都と呼ばれる架空都市を舞台に、怪人たちと死闘を演じた。

また、「探偵物語」のオマージュを見ることができるのも面白い。主演の2人は探偵で、作中に登場するベテラン刑事と若手刑事のコンビは、"工藤ちゃん"が口癖の服部刑事&工藤俊作(松田優作)を目の敵にする松本刑事を彷彿とさせる。2人の職場である鳴海探偵事務所で使われる机は、「探偵物語」で工藤が愛用した机がそのまま使用されていたという。

©2010劇場版「オーズ&ダブルfeat.スカル」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

そんな「仮面ライダーW」で、菅田は映画出演も果たすことになる。ファミリー劇場で8月12日(水)に放送される映画『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブルfeat.スカル MOVIE大戦CORE ディレクターズカット版』もその1つだ。

仮面ライダーオーズとのクロスオーバー作品となった本作は、豪華3本立て。まず、第1部と第2部では、仮面ライダーオーズとWそれぞれのエピソードが展開される。そして、第3部では、世界を破壊し尽くそうとする仮面ライダーCOREの脅威に対して2大ライダーの共演が実現するという、ファン垂涎の内容となっている。

©2010劇場版「オーズ&ダブルfeat.スカル」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

加えて、今回放送されるのは劇場公開時から構成を変更し、未公開シーンが追加されたディレクターズカット版。当時劇場に足を運んだファンも新鮮な気持ちで楽しめるはずだ。

文=安藤康之

この記事の画像

放送情報

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE ディレクターズカット版
放送日時:2020年8月12日(水)9:45~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

菅田将暉の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!