話題作に続々出演!伊藤沙莉の稀有な魅力に引き込まれる

「獣になれない私たち」より
「獣になれない私たち」より

今、乗りに乗っている女優と言えるだろう。2020年11月に公開される映画だけで、彼女が出演している作品が3本もあった。伊藤沙莉。本人のツイッターには、「【さり】ではなく【さいり】です」と明記されているが、名前の読み方も浸透してきたのではないだろうか。ちなみに、11月公開の出演作とは、『タイトル、拒絶』『ホテルローヤル』『十二単衣を着た悪魔』の3本である。

『タイトル、拒絶』においては、デリヘル嬢の世話役をする主人公を演じて、2019年の第32回東京国際映画祭の東京ジェムストーン賞を受賞するなど、その演技を絶賛された。今年はテレビドラマでの活躍も目立ち、「いいね!光源氏くん」(NHK)ではヒロインを務めて、現代にタイムスリップしてきた光源氏にほのかな恋心を抱くという、微妙な乙女心を繊細な表現力で演じ、評価を高めている。

「これは経費で落ちません!」に出演した伊藤沙莉

(C)NHK/アックスオン

さらに、同じNHKのドラマ「これは経費で落ちません!」での伊藤の演技も印象深い。同作は、貸借対照表のごとく「何事にもイーブンに生きる」がモットーとする堅物な経理女子・森若沙名子(多部未華子)が主人公で、領収書や請求書から見えてくる思わぬ人間模様をコミカルに描いた異色作。伊藤は森若の後輩・佐々木真夕役を好演し、「東京ドラマアウォード2020」の助演女優賞を受賞している。

伊藤演じる真友の天真爛漫ぶりは、見ていて全く飽きない。話の本筋とずれても自分の興味がある方向にひた走る強引さも魅力で、社内のガールズトークに頻繁に加わっては、外部のネタを経理部にもたらす役割も担っていた。同作では、吹越満演じる部長との遠慮のない掛け合いも見どころで、吹越はじめ共演者から多くの助言をもらったと感謝の言葉を東京ドラマアォードの授賞式で述べている。

(C)NTV

もう一本、伊藤が出演した注目すべき作品として、「獣になれない私たち」(日本テレビ系)も忘れてはいけない。新垣結衣と松田龍平がW主演して話題を呼んだ作品だが、同作で伊藤は新垣演じる深海晶の会社の先輩で、明るい性格のOL・松任谷夢子を演じた。伊藤の出番自体は多くなかったのだが、アクの強いキャラが視聴者に強烈な印象を残し、作品に抜群のインパクトを与えた。脇役であっても、物語に絡んでかき回す役割が魅力で、「替えの利かない」独自のポジションを築いたと言えるだろう。近年では、主演作も多くなっている。

2003年に子役として「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」(日本テレビ系)でデビューした頃から注目されていた。同作で、身体が少女に若返ってしまった女性研究員という難役をわずか9歳で見事にこなしたのだ。2005年には「女王の教室」(日本テレビ系)でいじめっ子役、2015年には女性の同性愛を描いた「トランジットガールズ」(フジテレビ系)で主演に抜擢されるなど、順調にステップアップしていった。

そんな彼女の出世作ともいえる、「これは経費で落ちません!」と「獣になれない私たち」が、1月ファミリー劇場で放送される。今もっとも注目されていると言っても過言ではない演技派女優・伊藤沙莉の魅力にまだ気づいていない人には、絶好の機会である。この2作を見れば、おそらく彼女の個性的な演技に引き込まれてしまう可能性が大だ。魅力的な役者、芝居のうまい役者というだけではなく、伊藤の演技には「ハマってしまう」という表現がふさわしい。芸能界でも稀有な存在と言えるだろう。

文=渡辺敏樹(エディターズ・キャンプ)

この記事の画像

放送情報

これは経費で落ちません!
放送日時:2021年1月11日(月)11:00~
獣になれない私たち
放送日時:2021年1月16日(土)15:25~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

伊藤沙莉の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!