福士蒼汰吉沢亮の共演にも注目!今改めて見たい「仮面ライダーフォーゼ」

「仮面ライダーフォーゼ」は、2011年9月に放送開始され、福士蒼汰が主演した。仮面ライダーシリーズの生誕40周年記念作品であり、いわゆる「平成仮面ライダー」シリーズとしては、13作品目にあたる。同作はライダーシリーズ初の「学園もの」であることや、「宇宙」をテーマにするなど、なかなかの意欲作だったのだが、主人公の造形も一癖あるものだった。

福士が演じる主人公・如月弦太朗は、天ノ川学園高校にやって来た転校生。そのいでたちはリーゼントに短ランという、まるで昭和の不良さながら。彼の目標は「全校生徒と友だちになる」ことで、弦太朗が最初のターゲットとしたのが、歌星賢吾(高橋龍輝)。しかし彼はある秘密を抱え、学園の中で孤独な戦いを繰り広げていた。やがて弦太朗は賢吾の助けを借り、宇宙のパワーで仮面ライダーフォーゼに変身...というのがストーリーの流れである。

「仮面ライダーフォーゼ」に出演した福士蒼汰と吉沢亮

(C)石森プロ・東映

青春まっ盛りの高校生活と、宇宙をまたにかけたヒーロー活動の両立を通して若者たちが仲間とともに成長していくという物語は、設定からして斬新だったし、同年に俳優デビューしたばかりで、本作がテレビドラマ初主演となった福士の演技も好感度が高かった。

強い正義感を持つ弦太朗の心情をまさに体当たりで演じた福士は将来性を感じさせ、事実その後の彼は、2013年にNHKの朝ドラ「あまちゃん」に出演してブレイクし、さらに映画『図書館戦争』や『江ノ島プリズム』などでの演技が評価され、2014年の「エランドール賞」の新人賞にも輝いている。近年では、フジテレビ系ドラマ「DIVER-組対潜入班-」での「悪を持って悪を制す」的な捜査官役を演じるなど、新境地を開拓した感もある。

一時は好青年のイメージが強かったが、最近の彼は表現力を増した感があり、役柄も幅広くなってきた。声優にチャレンジして高評価されるなど、意欲的な活動も目立っている。

(C)石森プロ・東映

そんな福士の原点ともいえる「仮面ライダーフォーゼ」だけに、今見てみると新発見があるかもしれない。共演者には、朔田流星役を演じた吉沢亮もいた。NHK大河ドラマの主演俳優となった彼の本作での演技ぶりをチェックするのも一興だろう。

放送当時から、異色作と言われた本作は、明るい作風ながらも人間の内面の弱さ、そこに起因する卑劣な一面や悪意を描き出したような場面も多い。それでも、「友情」を核にして、さわやかな余韻を与えてくれる魅力にあふれた作品だと言える。シリーズ中では異質な作風だったため、放送当時は賛否両論もあったそうだが、現在ではライダーファンから再評価されているともいう。

「仮面ライダーフォーゼ」は4月からファミリー劇場で放送される。近年で、脂がのってきた注目俳優・福士蒼汰の初主演作であり、大河ドラマ主演俳優・吉沢亮の若き日の出演作という意味合いも含めて、「仮面ライダーフォーゼ」は、今大いに注目に値する作品と言えるだろう。

文=渡辺敏樹(エディターズ・キャンプ)

この記事の画像

放送情報

仮面ライダーフォーゼ
放送日時:2021年4月2日(金)7:30~ ※毎週(金)7:30~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!