沢田研二菅田将暉、2人1役で体現する「映画の神様」を信じ続けた男の人生

『キネマの神様』より
『キネマの神様』より

松竹映画100周年を記念した山田洋次監督最新作『キネマの神様』が、ダブル主演を務めるはずだった志村けんの逝去、撮影の中断などの旅路を経て、いよいよ8月6日(金)より公開となる。それに合わせ、撮影現場の舞台裏や豪華キャスト陣のスペシャルインタビューを交えて見どころを徹底紹介する「キネマの神様」公開記念特番が、ホームドラマチャンネルと衛星劇場で放送される。

本作の主人公となるのは、若き日は映画の撮影所で働き、青春を駆け抜けていたゴウ。50年が経ち、妻や娘にも見放されるダメ親父となったゴウが、忘れかけていた夢を取り戻していく姿を描く。ゴウの現代と過去を志村けんの遺志を継ぐ沢田研二と、菅田将暉が演じている。

『キネマの神様』に出演する菅田将暉

(C) 2021「キネマの神様」製作委員会

(C) 2021「キネマの神様」製作委員会

過去パートのゴウを演じる菅田は、今や若手実力派俳優の筆頭として、映画やドラマにと引っ張りだこの存在だ。2009年に「仮面ライダーW」で俳優デビューし、芥川賞受賞作品を映画化した『共喰い』(2013年)で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『あゝ、荒野』(2017年)では第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞している。2019年にはドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や映画『アルキメデスの大戦』の熱演も話題となり、今年も『花束みたいな恋をした』、『キャラクター』、ドラマ「コントが始まる」に出演するなど、その勢いはとどまることを知らない。

本作では、日本映画界の巨匠である山田監督とのタッグが叶い、映画の撮影所で助監督として夢を追い、映画監督を目指しているゴウの情熱を見事に体現。気持ちの良いほどにまっすぐな男としてゴウを演じ、観客も応援したくなるようなキャラクターを生み出した。丁寧にワンカットを積み重ねていく山田組に参加し、菅田は「奇跡的な時間」と語っていたが、本作での経験は30代に向かう上でも大きな糧となるはずだ。

(C) 2021「キネマの神様」製作委員会

(C) 2021「キネマの神様」製作委員会

一方、現代パートのゴウは、沢田研二が演じた。沢田は、1967年にザ・タイガースのボーカルとしてデビュー。"ジュリー"の愛称で絶大な人気を誇り、その熱狂ぶりは、ザ・タイガース主演映画『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』(1968年)などにも映し出されている。1971年にソロ活動を開始したのちも、数々の名曲を輩出した沢田。俳優としても唯一無二の存在感を発揮し、『炎の肖像』(1974年)でソロとして映画初主演。『太陽を盗んだ男』(1979年)では、"原爆を製造する中学教師"の狂気を表現し、見る者に強烈なインパクトを与えた。

ゴウを演じる予定だった志村とは事務所の先輩後輩で、何度も共演を果たしていた盟友関係。「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」と決意し、ギャンブル好きで借金まみれのダメ男ながら、どこか色気の漂うゴウをチャーミングに演じきった。

(C) 2021「キネマの神様」製作委員会

(C) 2021「キネマの神様」製作委員会

(C) 2021「キネマの神様」製作委員会

菅田と沢田が同じ役を演じることも大きな見どころだが、沢田の扮したゴウには、志村けんの香りが確実に残っているはず。そういった意味では、ゴウは三人一役で出来上がったキャラクター。ゴウの人生から、青春の輝きや、友、家族、そして映画への愛がにじみ出す。たくさんの奇跡が重なって完成した本作は、スクリーンで堪能したい1作といえるだろう。

文=成田おり枝

この記事の画像

放送情報

「キネマの神様」公開記念特番
放送日時:2021年8月1日(日)20:00~ほか
チャンネル:衛星劇場
放送日時:2021年8月3日(火)17:30~ほか
チャンネル:ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!