福士蒼汰の初々しいデートシーンも話題に!菅田将暉ら先輩ライダーたちと共演した40周年記念作品

「仮面ライダー」や「スーパー戦隊シリーズ」が若手俳優の登竜門と言われるようになって久しいが、特に2000年代後半から2010年代前半にかけては、佐藤健、竹内涼真、菅田将暉、志尊淳、横浜流星、福士蒼汰、吉沢亮など、現在の日本映画界には欠かせない、主役級で活躍する俳優たちを次々と輩出。それに続く後輩たちもドラマ、映画などで活躍の場を広げている。

2021年は「仮面ライダー50周年」「スーパー戦隊シリーズ45作目」というダブルアニバーサリーイヤーとなっているが、今からさかのぼること10年前。「仮面ライダー40周年」を迎えた2011年には、「劇場版仮面ライダーOOO(オーズ)WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」という40周年記念映画が製作された。そしてそのアニバーサリーイヤーを締めくくる、3本目の記念作品として製作されたのが「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX」だ。ファミリー劇場では8月10日(火)に約20分の未公開シーンを追加した同作の「ディレクターズカット版」を放送する。

全5章のエピソードで構成された同作は、渡部秀演じる「仮面ライダーオーズ」、桐山漣と菅田将暉演じる「仮面ライダーW」、福士蒼汰演じる「仮面ライダーフォーゼ」、そして1号、2号、V3、ライダーマン、X、アマゾン、ストロンガーと、昭和を代表する7人のレジェンドライダーたちのそれぞれのエピソードが描かれたのち、最後にすべての物語がつながる。そこで集まったヒーローたちが全員で力を合わせ、世界征服をたくらむ恐るべき敵に立ち向かう、というのが物語の骨子だ。

本作で如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼを演じる福士にとっては、本シリーズが初主演作。テレビシリーズでもメイン監督を務めた坂本浩一監督が、この劇場版でも監督を担当するということで気合も十分。また、渡部秀、桐山漣と菅田将暉といった先輩ライダーたちとの共演に「弦太朗も興奮していましたが、福士蒼汰も同じでした」と興奮を隠せなかったという。

本作では、突如、空から降ってきた謎の美少女・美咲撫子/仮面ライダーなでしこ(真野恵里菜)に恋心を抱く弦太朗の姿が描かれるのも特徴。初めての恋にドキドキが止まらない弦太朗と撫子が遊園地で繰り広げるデートシーンは甘酸っぱい雰囲気が満載で、坂本浩一監督も「福士くんの芝居も最高でした!福士くんのナチュラルでピュアな魅力がちょっとした表情にも出ている」と語るほどのシーンとなった。まさに魅力的なヒロインとの恋愛、仲間たちとの友情、迫力のアクションなど、弦太朗の魅力が盛りだくさんな、楽しい作品となっている。

(C)2011「フォーゼ&オーズ」製作委員会(C)石森プロ・東映

また、福士と同じ1993年生まれである菅田将暉にとっても「仮面ライダーW」は俳優デビュー作であるため、「仮面ライダー」への思いは深かったという。2010年の劇場版作品の撮影では、涙を流すシーンでどっぷりと役に入り込んだだめに、カットがかかっても涙が止まらなかったという経験もしている菅田。それだけにパンフレットのインタビューでは、本作に参加したことを「ちょっとお芝居で迷いを感じていた時期だったので、初心に帰れたのはとてもありがたかった」と語っている。そしてそこで気持ちをリセットしたことが功を奏したのか、それから2年後に公開された映画『共喰い』以降、個性派俳優としての道をまい進することになる。そんな彼の原点としても、本作を含めた「仮面ライダーW」シリーズは注目の作品となる。

文=壬生智裕

この記事の画像

放送情報

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX ディレクターズカット版
放送日時:2021年8月10日(火)8:40~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

福士蒼汰・菅田将暉の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!