俳優・中村倫也の「演技の余白」から読み取れるもの

自身が持つアンニュイな雰囲気と独特の間で、演じる役柄に唯一無二の魅力を吹き込む俳優・中村倫也。知名度を一気に上げたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(2018年)の"ゆるふわイケメン"のマアくんや、「ホリデイラブ」(2018年)で見せたDVまがいのモラハラ夫・わたるん、「凪のお暇」(2019年)の天性の人たらし・ゴンなど、どんな役でも自分のものにしてしまう演技の幅広さで多くのファンを獲得してきた。

一度見たら引き込まれずにはいられない中村の演技。その理由の1つとして、彼が演じた人物の背景まで視聴者に想像させる"演技の余白"があるのではないかと思う。ファミリー劇場で8月に放送される東村アキコ原作のドラマ「美食探偵 明智五郎」(2020年)では、脚本も相まって中村の"演技の余白"が楽しめる一作となっている。

「美食探偵 明智五郎」に出演した中村倫也、小池栄子

(C)NTV

本作は中村扮する超美食家のイケメン探偵・明智五郎が連続殺人鬼の真相とハートに迫る毒殺サスペンス。第1話では、夫の服に付いたさまざまな料理の香りから浮気を疑う主婦(小池栄子)が明智の事務所を訪れ調査を依頼。明智がその夫を尾行すると、毎日昼休みに若い女性の家でランチをしていることが判明する。調査報告へ向かった明智は、その主婦の心を閉ざした姿、そしてそこで振る舞われた料理の味に魅了され「これからは本当のあなたをもっと自由に解き放つべきだ」と言葉をかける。その言葉を受けて心を解放させた主婦は、夫を殺害し、"マグダラのマリア"として殺人を望む人の手助けをする第二の人生をスタートさせる。

ただ明智の側にいたというだけで事件に巻き込まれることになったのは、キッチンカーでお弁当を販売する小林苺(小芝風花)。尾行をする明智にお弁当を届けるというところから始まり、流されるままに助手として明智をサポートしていく。

(C)NTV

探偵の明智と殺人鬼のマリアという構図でありながら、敵対関係ではないところが本作の肝。元は自身の依頼人であり、おいしい料理を振る舞い、そして何よりも妖艶な美しさのあるマリアに入れ込む明智。また、天真爛漫で心地良い庶民の味を出せる助手の苺との距離も少しずつ近づき、ミステリアスな三角関係が出来上がる。明智が彼女たちをどう思っているのかは、劇中で明かされないのだが、"マリア"という名を耳にした時の明智の目の潤みや、苺の代名詞でもある"ちくわの磯辺揚げ"を大事そうに味わう姿など中村だからできる繊細な演技は、視聴者たちに多くのことを想像させる。

時代遅れのファッションで三度の食事の時間を何よりも楽しみにしており、時には「あなたの笑顔がデザート」というようなキザな言葉もスルリと口からこぼれる明智。つかみどころのない明智の心の内は一体どこにあるのか。中村の微妙な表情の変化から読み取るために、何度も繰り返し見たくなってしまうはずだ。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

美食探偵 明智五郎
放送日時:2021年8月21日(土)16:20~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

中村倫也の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!