ダイナミックな振り付けが印象的!カッコよくワイルドなスター、西城秀樹の魅力

デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」
デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」

昭和の歌謡界、平成のJ-POPシーンにおいて絶大な人気があり、多大な影響を与えた歌手、西城秀樹。彼がシングル「恋する季節」でデビューしたのは1972年3月25日。間もなく50周年を迎える。

今年でデビュー50周年を迎える西城秀樹
今年でデビュー50周年を迎える西城秀樹

1971年5月にデビューした野口五郎と1972年8月にデビューした郷ひろみと共に"新御三家"と呼ばれ、甘い歌声の野口、少し高めの歌声でアイドル然とした郷に対して、西城は歌声が特徴であり、大きな魅力だった。三人三様だからこそ、バランス良く、同志であり、ライバルでもあるという関係性でお互いを高め合っていた。

デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」
デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」

キャリアも長く、リリースしてきた作品数も多い歌手ということで、今回は10代から20代前半ぐらいの時期に絞って、活動を振り返ってみる。デビュー曲の「恋する季節」の時からハスキーな声、高い歌唱力はしっかりと感じられたが、3枚目の「チャンスは一度」できっかけをつかみ、1973年5月発売の5枚目のシングル「情熱の嵐」で大ブレイクした。ワイルド、かつキャッチーな楽曲で、歌番組で歌唱する時にはファンが秀樹コールをして、コール&レスポンスで大いに盛り上がっていた記憶がある。

デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」
デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」

ここからの「ちぎれた愛」「愛の十字架」「薔薇の鎖」「激しい恋」「傷だらけのローラ」と、出すシングル全てがヒットチャート上位にランクイン。ここまででデビューからわずか2年半。すでにカッコよくてワイルドという西城秀樹のイメージを確立させ、トップアイドルであり、トップスターとなっていた。

デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」
デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」

20代に入ると、「ブーメランストリート」「ブーツをぬいで朝食を」「ブルースカイ ブルー」など、楽曲の幅が広がり、さらに表現力も豊かになっていく。極め付けは1979年2月にリリースした28枚目のシングル「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」。全身で「Y」「M」「C」「A」を表現する振り付けは強烈で歌番組の視聴者に大きなインパクトを与え、みんなが真似する"国民的ソング"となった。人気音楽番組「ザ・ベストテン」では最初で最後の9999点をマーク(点数が4桁までしか表示できないため、上限の点数「9999」が表示された)。まさに記録にも記憶にも残る楽曲と言えるだろう。

デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」
デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」

「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」に限らず、西城秀樹の楽曲の特徴の一つとして挙げられるのはダイナミックな振り付け。真似しやすい振り付けだったり、観る者の気持ちを高揚させるようなダイナミックな振り付けなど、それぞれのヒット曲を思い浮かべる時、同時に振り付けもしっかり思い出させてくれるのも西城秀樹の大きな魅力だ。

デビュー50周年を記念してホームドラマチャンネルで「西城秀樹 デビュー50周年スペシャル『甦る!西城秀樹伝説』」が2ヶ月連続でTV初独占放送される。初回の「情熱編」ではデビュー時から20代半ばまでの貴重な映像を公開。若き日の西城秀樹の姿をたっぷりと楽しんでもらいたい。

文=田中隆信

放送情報

デビュー50周年「甦る!西城秀樹伝説」情熱編 
放送日時:2022年3月12日(土) 20:30~
チャンネル:ホームドラマチャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事