斎藤工窪田正孝の魅力が全開「臨床犯罪学者 火村英生の推理」

人気推理作家・有栖川有栖の原作による「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は、2016年に日本テレビ系で放送されたミステリードラマ。犯罪学者の火村英生(斎藤工)と推理作家の有栖川有栖(窪田正孝)のコンビが主役となり、複雑な事件の謎を解明していく物語だ。

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」で主演を務めた斎藤工
「臨床犯罪学者 火村英生の推理」で主演を務めた斎藤工

©NTV ©Alice Arisugawa/KADOKAWA

いわゆる「バディもの」だが、斎藤演じる犯罪学者・火村英生は探偵役ではあるが「この犯罪は美しいか?」と殺人現場に快楽を求める曲者。かたや、窪田が演じる有栖川有栖は、「この犯罪はオモシロいか?」と、火村の捜査を観察しながら時に的外れな推理を披露。それでも危なげな火村の保護者役を自認する。類型的な探偵コンビとは一線を画した、そんなふたりの個性的な造形が本作のキモであった。

しかし、一見して事件捜査には似つかわしくない彼らが、お互いの欠点を補完しながら、犯人が現場に残した複雑怪奇なトリックを、究極的に美しいロジックで解明して真相に迫っていくプロセスがあまりも鮮やかで視聴者を毎回くぎ付けにした。

人気ゲームを模倣した連続通り魔事件(第1話)をはじめ、ふたりが投宿した温泉旅館に謎の包帯男が出現して殺人事件が起こるなど(第2話)、ミステリー好きにはたまらない設定の数々に加えて、謎のテロ組織・シャングリラ十字軍が何度も登場してふたりの前に立ちはだかるところも見どころだ。同組織の指導者・諸星沙奈江を長谷川京子が演じ、組織の構成員として竹内涼真や今野浩喜が登場するなど、脇役も豪華な顔ぶれだ。

©NTV ©Alice Arisugawa/KADOKAWA

作中ではコミカルな演出も多用され、変なことを真顔で言う火村と可愛らしさを感じさせるワトソン役の有栖がキュートでなんとも魅力的だ。原作小説のファンたちにも原作のイメージとは一味違うコンビの造形はおおむね好意的に評価された。さらに、斎藤と窪田のビジュアルの美しさも本作の大きな魅力だった。斎藤が演じる火村の一挙手一投足になんとも色気が醸し出されていて、特にタバコを吸う仕草がカッコよかった。窪田も火村に寄せる有栖の愛情を細やかに表現。テンション高めな関西弁キャラの有栖とは対照的に、低い声でニヒルな笑みを浮かべる火村がじつに渋いのだ。神奈川県出身の窪田による関西弁にはTwitter上で「可愛すぎる」の声が続出したのだが、関西人の間では評判がいまひとつ。それでも、ネイティブでないがゆえの味わいが窪田のセリフにあったのは確かだろう。

メインで脚本を担当したのは、俳優としても活躍するマギー。TBS系ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」などで俳優としての活動が中心ながらも、明治大学時代から劇団を率いて活躍してきたこともあり、これまで脚本も数多く手がけている。2006年の「ブスの瞳に恋してる」(フジテレビ系)、2007年「山田太郎ものがたり」(TBS系)などドラマの脚本も担当した。本作でもミステリーとコミカルの要素のバランスが抜群で、展開の妙を感じさせる出来栄えだ。

イケメン俳優ふたりがコンビを組んで、まるで美しい手品のように謎を解き明かす「臨床犯罪学者 火村英生の推理」が、ファミリー劇場で放送される。従来の推理ドラマや名探偵ものにはなかった独特の魅力を持つ作品だけに、ミステリー好きもそうでない人も怪演と呼ぶにふさわしい斎藤工の個性的な美しさと、キュートな魅力が全開の窪田正孝の名コンビが織りなす世界観をできる。

文=渡辺敏樹

文責=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

臨床犯罪学者 火村英生の推理
放送日時:2022年4月23日(土)11:40~
チャンネル:ファミリー劇場 
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事