仲間由紀恵がクールな天才脳外科医に!垣間見える献身にも惹かれる!

現在放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」で、ヒロイン一家の母親・優子を演じている仲間由紀恵。郷里・沖縄を舞台とする朝ドラに母となって帰ってきた。4兄妹を愛情深く育てるおおらかで明るい母を好演している。その朝ドラヒロインの母とはまったく正反対の、冷徹な天才脳外科医を演じたドラマが「悪女たちのメス」(2011年)だ。

仲間は総合病院の勤務医・桧山冬実を演じた。脳外科の第一人者である桧山は、自らが考えた最新の手術法が日本の医学の将来を変える術式と自負していた。瀬戸朝香演じる医療コーディネーターの中原永遠子は、原因不明の頭痛が続いている女子学生に専門医として桧山を推薦。想定外のトラブルが重なる中で手術は無事成功するが、その夜に患者の容体が急変し、亡くなってしまう。中原は彼女が死に至った原因を徹底的に追求すると告げ、天才脳外科医VS医療コーディネーターという女同士の対決が勃発する。

若くして今の地位にたどり着くまでには綺麗事ばかりではなかった桧山は、「人の命は平等ではない」と言う非情な悪女でもある。現代医療を変えようとストイックに生きてきたからこそ、天才医師として自信過剰にも思えるほど冷徹な振る舞いをする。しかしその一方で、アルコール依存症気味の姉を献身的に支える情愛も見せる。悪女でもあり志の高い医師でもあり、唯一の家族を大切に思う妹でもある。浮世離れした天才脳外科医などではなく、善悪の両面を持った1人の人間として、その複雑な内面を仲間が丁寧に表現した。

「悪女たちのメスepisode2」
「悪女たちのメスepisode2」

©The icon

悪女同士の闘いはもちろんだが、大病院ゆえに権力争いや周りの人間たちの思惑、桧山姉妹の関係性などが交錯する演出も見応えがある。周囲の思惑に振り回され、苦悶に満ちた表情を浮かべる仲間の演技も真に迫っていた。さらに、総合病院で立て続けに起きた死の真相に挑む第2弾「悪女たちのメス episode2」ではよりその演技が洗練される。仲間の他に、全2作を通して瀬戸朝香、佐藤江梨子、西田尚美、山口紗弥加、木村文乃、大塚寧々といった錚々たる女優陣が出演。まさしく美の競演が楽しめるドラマとなった。

これまでも仲間は「トリック」の山田奈緒子や「ごくせん」のヤンクミなど癖の強い人物を演じてきた。デビュー当時から変わらない長い黒髪の美女という風貌でありながら、それぞれが異なるキャラクターとして成り立っていて、今も強烈な印象を残している。コメディエンヌとしての評価も高いが、今作ではまた新しい面を見せた。品のある落ち着いた声はサスペンスとも相性が良いのだろう。白衣を纏った姿も難しい手術を執刀する横顔も凛として美しい。クールなキャラクターゆえに一層引き立つ、その美貌を堪能したい。

文=中川 菜都美

この記事の画像

放送情報

悪女たちのメス1
放送日時:2022年5月24日(火)10:00~
チャンネル:映画・チャンネルNECO

悪女たちのメス2
放送日時:2022年5月25日(水)10:00~
チャンネル:映画・チャンネルNECO

※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事