今田美桜江口のりこが贈る出世エンターテインメント!「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」

「悪女(わる)」といえば、深見じゅん原作の大人気少女コミック「悪女(わる)」。原作漫画は連載完結から25年が経過しても電子書籍などで読まれ続け、若い世代にも人気がある。
そんな企業で働く女性にとってバイブル的存在である漫画は、ドラマ「悪女(わる)」として1992年に石田ひかりが演じ放送。30 年の時を経て再びドラマ化された。早くも10月には日テレプラスで一挙放送される。

©深見じゅん・講談社/NTV

令和版のヒロイン・田中麻理鈴を演じたのは、朝ドラ「おかえりモネ」(2021年NHK)などで印象的な演技を見せ、CMでもキュートな魅力を発揮している今田美桜。おかっぱヘアの麻理鈴が広い会社内を元気いっぱいに走り回り、持ち前の"コミュ力"でいろんな部署に異動してはその場にグイグイ食い込んでいく様子を全力で熱演した。そして、連続ドラマ初主演にしてみごと、第112回ザテレビジョン・ドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞した。

この記事の画像

放送情報

悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~
放送日時:2022年10月1日(土)11:00~
チャンネル:日テレプラス
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事