松本まりかがいくつもの素顔を持つ役を演じ分ける!切なく寂しい雰囲気の松下洸平の演技も魅力のドラマ「向こうの果て」

WOWOWオリジナルドラマ「向こうの果て」(2021年)が10月21日(金)にWOWOWプラスで一挙放送される。松本まりかが連続ドラマ初主演を務める本作。昭和を舞台に、幼馴染を殺害した1人の女と彼女に関わる6人の男たちの物語が描かれる。『ミッドナイトスワン』(2020年)で第44回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した内田英治監督が手掛ける、全8話の傑作ミステリーだ。

(C)2021 WOWOW INC.

昭和60年、東京のマンションの一室で放火殺人が発生。被害者の君塚公平を殺害したとして、池松律子という1人の女が逮捕された。幼なじみだった2人の過去に何があったのか。事件を担当する検事・津田口の取り調べを、律子はどこか浮遊しているような態度でするりとかわしていく。保険金目当てで殺したと言い張る律子の真意が掴みきれない津田口は、これまでに彼女に関わってきた人物たちと接触し始める。

主演の松本は、放火殺人事件の容疑者・池松律子を演じた。奇しくもスクリーンデビューは、今作同様に内田英治監督作であった松本。 デビュー後も着実に演技力を磨き続け、2018年にドラマ「ホリデイラブ」での怪演が話題となり遅咲きの大ブレイクを果たした。今年映画化もした「妖怪シェアハウス」シリーズ(2020年〜)では主人公を溺愛する優しさとアグレッシブさを持つ妖怪、2021年に続き第2弾が10月8日(土)に放送スタートする「最高のオバハン中島ハルコ」では翻弄されつつ成長していく崖っぷちアラフォー女子など、多彩なキャラクターを演じてきた。時に恐ろしいほどのあざとさを、時に慈愛に満ちた優しさを、デビューから変わらぬ美貌で表現する。今作で演じるのは、男たちの人生を破滅させてしまうファム・ファタール的な要素を持ち、数奇な人生を健気に生きてきた女性だ。関わってきた男たちが証言する彼女の印象はそれぞれ全く異なる。いくつもの素顔を持った難しい役どころを松本は見事に演じきった。取り調べでの掴みどころのない感じがかえって惹きつけられる。回を重ねるごとに人生の断片が明かされていき、律子という女性が立体的になっていく。容赦なく罵倒する夜叉のような顔、本心を隠し嘘をつく切ない顔、愛する人へ向けた太陽のような笑顔。様々な姿は全く異なる印象を受けた。そしてその全てが複雑に絡み合って現在の姿に至っている。松本まりかという女優の凄さをまざまざと見せつけられた。

放送情報

WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て #1~8(全8話)
放送日時:2022年10月21日(金)21:00~
チャンネル:WOWOWプラス
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事