襲名披露公演も話題!市川海老蔵改め、十三代目市川團十郎が鬼気迫る表情を見せたドラマ「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」

「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」
「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」

11月〜12月にかけて歌舞伎座で襲名披露公演を行っている市川海老蔵改め十三代目市川團十郎白猿。11月の「十一月吉例顔見世大歌舞伎」、12月の「十二月大歌舞伎」は同時に息子・堀越勸玄の八代目市川新之助襲名披露も兼ねており、親子揃っての晴れ舞台のために特別CMも制作されるなど大きな話題となっている。

襲名記念企画として作られた特別ドラマ「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」
襲名記念企画として作られた特別ドラマ「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」

そんな襲名記念企画として作られた特別ドラマが、時代劇専門チャンネルで12月30日(金)に放送される「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」だ。もともと2020年5月から予定されていた襲名披露公演が新型コロナウイルス感染症拡大によって延期されたことを受け、この作品の放送も延期されていたが、海老蔵(当時)との協議の結果、公演に先立ち2021年3月に地上波にてオンエアされた。

本作の題材は、今川義元の2万5千の軍勢をわずかな兵力の織田信長軍が打ち破った、時代の変革の象徴ともいえる「桶狭間の戦い」。型破りな発想と戦術を駆使し、一躍戦国時代の主役へと躍り出ていく信長の視点から奇跡の戦いの様子が描かれていく。

「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」
「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」
「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」
「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」

織田信長といえば、市川團十郎家の屋号「成田屋」が歌舞伎で演じてきた大切な役柄。海老蔵にとっても演じるのは2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」以来となったが、天下統一の礎を築いた戦国の英雄像を本作でも彼ならではの演技で表現している。

ドラマ冒頭の「敦盛」を舞う姿にはじまり、不適な笑みを浮かべた堂々とした佇まい、兵士を鼓舞する際の腹の底から絞り出すような猛々しい声色、戦での鬼気迫る表情...と、歌舞伎役者ならではの演技で存在感を発揮。また、新しい世の中を作り出そうとする信長のカリスマ的な姿は、歌舞伎界で新たな挑戦を重ねてきた海老蔵と重なるところもあり、襲名という門出を祝うに相応しい作品となっている。

放送情報

桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜
放送日時:2022年12月30日(金)15:35~ ほか
チャンネル:時代劇専門チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事