秋田から千葉へ!Bリーグのお祭り男、田口成浩が移籍の理由を激白

10/4(木)より、国内のプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」の3シーズン目が開幕する。昨シーズン以上の激戦が予想される中で、今シーズン開幕前の大きな話題の1つとなったのが、リーグ屈指のシューターであり、秋田ノーザンハピネッツの顔でもあった田口成浩の千葉ジェッツへの移籍だった。昨シーズンの準優勝チームで意気込む彼に直撃し、移籍の理由やこれからの目標を思う存分に語ってもらった。

今回千葉ジェッツへ移籍した理由を教えていただけますか?

「いろいろな理由や気持ちがありますが、大きな部分で言うと、バスケットボール選手としての成長を追い求める上で何が必要かを考えました。そのときに秋田に残留して地元のためにプレーするのも成長する方法の1つだと思いましたが、1度環境を変えてゼロからスタートし、厳しい世界に自ら飛び込んでみたかったという思いがありました。当たり前のように試合に出られる状況よりも、試合に出るため、そしてシュートを決めるために、何が必要なのかを考え抜いたんです。そして、自分を追い込んで成長させるには"千葉"という場所が1番良いと思って移籍を決断しました」

千葉ジェッツへの移籍する上で、どの部分が良いと感じたのですか?

「千葉はチームのプレースタイルとして、攻守の展開がリーグの中で1番早いと思っていたし、観客動員数がリーグNo.1という部分でアリーナの雰囲気も素晴らしいですね。アリーナが盛り上がっているだけではなく、その中でみんなが楽しんでプレーしているように見えていました。自分がこの雰囲気に入ったら、もっともっと会場を盛り上げられるのではないか、自分自身ももっと楽しんでプレーできるのではと感じました。もちろん、秋田もアリーナの雰囲気は素晴らしいけど、秋田で培った経験を千葉でも活かしたいと思っています」

厳しいポジション争いの中で「ココは見てほしい!」という自身のプレーはありますか?

「自信を持って3Pシュートを決める部分だと思っています。ヘッドコーチからも3Pシュートを打てるときは、どんどん打ってほしいというリクエストも受けています。臆する事なく自信を持って、もう1度B1の舞台でどれだけ通用するのか、トライしていきたいです。あとは、ハッスルプレーや泥臭いプレーも自分の中で魅力的な部分だと思っています。そういうプレーを見て"ブースター(=ファン)"が喜んでゲームを楽しんでもらえたらと思いますし、自分の気持ちがアリーナ全体に伝染していけばと感じています」

それでは最後に今シーズンそして今後の目標を教えてください。

「まずは試合に出て結果を残したいです。その上でチームが勝利をつかむのが大切だし、チームの目標である優勝を成し遂げることで、自分自身の成長にもつながっていくと思っています。それと同時に、結果を残していれば日本代表に選ばれてオリンピックに出場するという、自分の夢にも近づいていくと考えています。確率は低いかもしれませんが、チャレンジできる機会があれば、引退するまでそのような気持ちでプレーしたいですね。そのためには、目の前の目標を1歩ずつ、テレビゲームに例えるなら、RPGのように1面ごとに確実にクリアしていくのが大切だと感じています」

文=鳴神富一 撮影=石塚雅人

Profile
田口成浩(たぐち・しげひろ)='90年3月25日生まれ、秋田県出身。184cm/84㎏のシューティングガード。中学時代までは野球に没頭していたが、高校入学後にバスケットボールを始める。大学進学後は、東北大学バスケットボールリーグで数々の個人タイトルを獲得し、在学中に秋田ノーザンハピネッツに入団してプロとしてのキャリアをスタート。今シーズン、6シーズン過ごした秋田を離れて千葉ジェッツふなばしに移籍。地元・秋田のお祭りの掛け声でもある「おいさー」のパフォーマンスでもファンを盛り上げる。

この記事の画像

放送情報

スカパー!ではB1公式戦全試合放送!

スカパー!オンデマンドは全試合ライブ配信!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事