讃岐を率いた北野誠らが絶賛。松本のスピードスター・前田大然の存在感

5月12日放送の『平畠会議』J1第11節では、司会の平畠啓史とともにゲストに元日本代表の安永聡太郎と岩本輝雄、そして昨シーズンに讃岐まで讃岐の監督を務めていた北野誠を招へいして、週末のJ1について熱い議論が行われた。

今回議案に挙がったのは、5月12日に行われた松本vs札幌の一戦。互いに3-4-2-1の布陣を敷くチーム同士の対決は、両者とも最後まで得点を奪えず。0-0のスコアレスドローに終わり、札幌の連勝は4でストップした。

北野は、スペースが生まれにくいミラーゲームを制する上では「コネクター」の存在が重要になると主張。札幌は2シャドーに荒野拓馬と早坂良太が入ったが「前半は2人が守備まで落ちてくるのが遅かった」と分析した。

相手が自陣に入ったところからプレスをかけるのが札幌の守備戦術だが、この試合ではそれを2シャドーが徹底できず。松本の杉本太郎らがフリーになる場面も散見された。

その一方で、前線からのプレッシングを怠らなかった松本は、札幌の攻撃陣を封殺した。シャドーに入った前田大然が、札幌の福森晃斗のビルドアップを抑え、攻撃の起点を作らせなかった。札幌はディフェンスラインを押し上げたかったが、裏への抜け出しを得意とする前田を警戒し、思うように試合を進められなかった。

北野が讃岐を指揮していた際には、選手たちから「前田に対してはモーションを早くしないとやられる」という意見があったとのことだ。ゲスト一同も、松本を牽引する若きスピードスターを絶賛した。

また、今シーズンの松本について、北野は「J2時代と比べて判断が早くなっている。割り切って自分たちのサッカーができている」と語っており、チームとしても進化を感じていた。

ここで、司会の平畠が「意外と喋らないですね」と岩本に痛烈なツッコミを入れると、岩本は「今、すごく聞いていたんですよ。監督の意見は生徒みたいにしっかり聞くんです」と反論した。

「現役時代は、この人はちゃんとした監督だと思ったら話を聞いていましたよ。こいつとやっていても勝てねえ、と思ったら聞いていなかったですけど(笑)」と現役時代の裏話を暴露し、スタジオは笑いに包まれた。

J1リーグ開催週の日曜日21:00~生放送されている『平畠会議』。次回のJ1第12節は、5月19日(日)21:00~放送スタートの予定となっている。

この記事の画像

放送情報

平畠会議

放送日時:5月19日(日) 21:00~

チャンネル:スカサカ!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事