ロッテ・岡大海が「スカパー!サヨナラ賞」を今シーズン2度目の受賞!「CSも貢献できるよう 頑張りたい」

パ・リーグ 千葉ロッテマリーンズ 岡大海選手が、10,11月度の「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した。この賞は、その月の全サヨナラ試合の中で、最も劇的なサヨナラ打を放った選手を称えたもの。

岡選手は、10月15日ZOZOマリンスタジアムで行われた対福岡ソフトバンクホークス22回戦、1対1の同点で迎えた9回裏、2死1塁の場面で左中間へサヨナラ2点本塁打を放った。この試合、千葉ロッテは1点を先制された直後の5回裏、加藤選手のソロ本塁打で同点とする。その後、両チームのリリーフ陣が無失点リレーを見せ、1対1のまま試合は最終回の攻防へ。9回表、千葉ロッテ抑えの益田投手が打者3人でしっかりと抑え、この試合の負けを無くし、裏の攻撃へ全てを託す。9回裏のマウンドには福岡ソフトバンク抑えの森投手。1死から代打、佐藤都選手が四球を選び出塁し2死1塁となった場面で打席には岡選手。3-1からの5球目をフルスイングすると、打球は左中間へ伸び、そのままスタンドへ。土壇場での劇的なサヨナラアーチは、激しい首位争いで負けられない戦いが続いているチームにとって最高の一打となった。また、この試合の勝利で千葉ロッテは2年連続のCS進出を決めた。

岡選手は4月21日の対北海道日本ハム戦でもサヨナラ本塁打(3、4月度スカパー!サヨナラ賞受賞)を放っており、今季2本目のサヨナラ本塁打で、2度目のスカパー!サヨナラ賞受賞となる。

今シーズン2度目の「サヨナラ賞」の決め手となったサヨナラ打を放った岡大海選手
今シーズン2度目の「スカパー!サヨナラ賞」の決め手となったサヨナラ打を放つ岡大海選手

スポーツニッポン新聞社提供

――今回の「スカパー!サヨナラ賞」受賞の感想をお願いします
「まずは、このような賞をいただけたことにすごくうれしく思います。その中でも優勝争いをしている中でチームの優勝に貢献できる一打を打てたことを重ねてうれしく思います」

――今シーズン2度目の受賞となりますが、今のお気持ちを率直にお願いします
「このような賞を2回ももらえると思ってなかったので、正直自分でもびっくりしていますし、こういうシチュエーションをチームが作ってくれて、試合に勝つことに貢献出来たことがうれしく思います」

――10月15日ソフトバンク戦、ツーアウト1塁からの場面でしたが打席を振り返っていかがですか?
「最初は後ろのバッターへつなごうと打席に入ったんですけど、進むにつれてカウントが整っていたので、ある程度思い切っていった結果がホームランになったと思います」

――左中間への当たりでしたが、感触としてはいかかでしたか?
「打った感じは(スタンドに)"いったかな?"と思いましたが、外野手のボールを追う感じを見て大丈夫かなと走って、最後入ったのを確認してすごくうれしく思いました」

――10月はスタメン出場の機会が多かったと思いますが、振り返っていかがでしょうか?
「自分自身もアピールするのに必死でしたし、チームも優勝争いしている中だったので、何とか力になりたいという一心で頑張っていたと思います」

――クライマックスシリーズも始まりますが意気込みをお願いいたします
「チームとしては絶対勝ちたいですし、勝たなきゃいけないと戦いだと思います。そのために少しでも力になれるように頑張りたいと思います」

――10月の打率は3割越えで好調でしたが、好調の要因をお聞かせください
「打ち損じがある程度少なくなったのかなと思いますし、フォアボールもそれなりに取れていたのかなと思います」

――110試合に出場して、プロ2年目以来の大きな数字だと思いますが、今シーズンの納得度はどれくらいですか?
「110試合出させてもらったことはすごくうれしいですけど、途中出場も多かったと思います。その中では、もっと試合にスタートから出たいという気持ちもありますので、まだまだやって行かなきゃいけないなと思います」

スポーツニッポン新聞社提供

――サヨナラ勝ちでいつも祝われて水をかけられていたと思いますが、逆に祝って水をかけたいという選手はいますか?
「前回、三木にやられたので、三木にやり返したいなって気持ちはあります」

――そういうことが出来るチームの雰囲気はどのように感じていますか?
「良い雰囲気は出来ていますし、ベンチの中でも負けていてもなんとかできるのではないかという雰囲気もありました。すごく良い雰囲気で野球は出来ていたのかなと思います」

――先日、鳥谷選手が引退し退団されましたが、何か鳥谷選手から学んだことはありますか?
「普段、準備する姿というのはすごく勉強させられました。会話している中でも気持ちの持ちようなど、そういう部分ですごく勉強させてもらいました」

――今年のレギュラーシーズンについてご自身で点数をつけるとしたら何点でしょうか?
「110試合出させていただきましたが、まだまだ成績など納得できていない部分があるので、50点くらいかなと。打率も上げていきたいと思いますし、盗塁に関してももっと数字を上げていきたいなと思います」

――ZOZOマリンスタジアム以外で好きな球場はどこですか?
「今まで多くプレーをしていたこともあるのかもしれないですが、札幌ドームがプレーしやすいのかなと思います。広い分、フェンスを気にしなくていいので守りやすいのかなと思います」

――屋外球場と屋内球場で好き嫌いなどありますか?
「屋外球場だと風だったり、ナイターとデイゲームで環境が変わってしまうので、難しいなっていう部分があるので、屋内球場の方がある程度同じ環境でできるので良いのかなって思います。ZOZOマリンスタジアムは、日によって風の強さだったりとか違うので、そういう面では難しさもありますが、楽しさでもあるのかなって思います」

――野球以外での特技、これだけは負けないっていうものを教えてください
「小さい頃から野球ばかりをやっていたので、これっていうのは無いですけど、小学校の時から走るのだけは他の人に負けたくないっていうのがありました」

――最後に、ファンの皆さんへ向けて一言お願いします
「これからクライマックスシリーズもありますので、しっかり貢献できるように頑張るので、応援よろしくお願い致します」

※月間スカパー!サヨナラ賞とは
月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打等を放った選手に贈られる賞として2012年に制定。「試合終了最後の1球まで真剣勝負をお届けするスカパー!」から多くのファンに、プロ野球中継最大の魅力を伝えることができ、それがプロ野球界発展の一助となると考え、本賞へ協賛。

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

スカパー!はプロ野球 ポストシーズンも徹底中継
野球関連番組も盛りだくさん!プロ野球セットアプリは機能充実!

※スマホで視聴できる番組は、スカパー!プロ野球セットアプリまたは スカパー!公式サイトをご確認ください。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!