読売ジャイアンツ・坂本勇人菅野智之らが海で真剣勝負!

坂本勇人選手、菅野智之投手ら読売ジャイアンツの看板選手が、2月20日(日)に放送される「熱釣プロ野球2022 読売ジャイアンツ」(釣りビジョン)の初回に登場する。

同番組はプロ野球界のスーパースターたちが"釣りと向き合う姿"を紹介するもので、初回はMC・菅原正志の進行の下、2021年シーズンで現役を引退した亀井善行コーチ、坂本選手、菅野投手、畠世周投手、戸郷翔征投手に加え、岡田万里奈の6人が、東京湾でルアーフィッシングのキャスティングゲームでチーム対抗戦を繰り広げる。

オープニングでは、「釣りが好きで、いつも『釣りビジョン』を観させていただいています」と言う亀井コーチが声を掛けて集まったという4選手が釣りについて告白。菅野投手が「今年から始めました」、畠投手が「(釣りが好きで)夜寝られないくらい今日を楽しみにして来ました」、戸郷投手が「(好き過ぎて収録前の)朝4時半から(釣りを)やってきました」とそれぞれ高ぶる胸中を明かす中、坂本選手は「1回チャレンジしたことがあるんですけど、船酔いがひどくて...。そこから『止めよう』と思ってやってないです。(声を掛けたのが)亀さんじゃなかったら来てないです」と苦笑いを浮かべる。

野球に則し、"攻撃側は「50cm以下(の魚)はシングルヒット」「50cm以上はツーベースヒット」「60cm以上はスリーべースヒット」「70cm以上はホームラン」、守備側は「釣ったら1アウト」、3アウトでチェンジ"というルールで、6人が2チームに分かれて対決。

チームのメンバーを決めるため、亀井コーチがそれぞれのキャプテンを指名。亀井コーチから「画的に、坂本をキャプテンにしたい」と指名された坂本選手は、すかさず「嫌です!キャプテン、嫌なんで」とまさかの拒否。すると、亀井コーチが「原(辰徳)監督にキャプテンを指名された時も、最初『嫌です』って言ってるんで(強引にキャプテンを務めさせても)大丈夫です」と暴露する一幕も。一方、同じく指名された菅野投手は「頑張ります!」とやる気を見せる。

キャプテンが決まり、それぞれのチームメンバーをドラフト制で決めることに。第1巡では、両キャプテン共に岡田を指名。まさかの指名に、亀井コーチが「間違ってるぞ!選ぶ人、間違ってる!大体の流れから(1巡目に指名するのは)俺」とツッコミを入れ、「プロ野球に入った時も、"ドラ1"じゃないからいいけど...」と自虐的なコメントで笑いを誘う。果たして、岡田との交渉権を獲得したのは...?

(C)釣りビジョン

チーム編成が決まり、両チームは戦いの場となる海上へ。釣り場ポイントに移動する船上では、戸郷投手が「『釣りビジョン』に出られてうれしいです。小っちゃい頃からずっと観ていたので!しかも、こんなに豪華なメンバーと(釣りに)行けるなんて思ってもみなかったから」と胸をときめかせ、畠投手は「チャンスがあれば挑もうと思います!」と気合十分な様子。

亀井コーチの"始球式"ならぬ"始投式"でゲームスタート。なかなかヒットが出ず、菅野が「こうなったらチーム関係なく、誰でもいいから流れを作ってほしいな」とこぼす中、岡田の竿に反応が!"ドラ1"の面目躍如なるか?

また、菅野投手が釣りを始めたきっかけを語るほか、「面白っ!ゴルフとかやってる場合じゃねぇな!!」と満面の笑みを見せる場面も。

心から釣りを楽しむリラックスした表情や時折ジョークを飛ばして笑い合う姿、魚との格闘中に見せる野球さながらの真剣な表情など、ジャイアンツの選手たちのさまざまな一面が満載。勝負の行方を共に、選手たちのグランドでは見られない表情を堪能できる。

文=原田健

この記事の全ての画像を見る

放送情報

熱釣プロ野球2022 読売ジャイアンツ
放送日時:2022年2月20日(日)21:00~
チャンネル:釣りビジョン
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像