前人未到の八冠制覇まで残り3タイトル!藤井聡太の4月の対局を振り返る!

2022年度が開幕。今年は5つのタイトル戦で防衛戦を戦いながら、残り3つのタイトル挑戦権を目指すことになる。前人未到の八冠制覇なるか。
※対局予定棋士の名前の後の()内は藤井から見た過去の対戦成績。

4月28日に第7期叡王戦五番勝負第1局で出口若武六段と対戦。先手となった藤井は相掛かりを選ぶ。出口の趣向で互いに横歩を取る空中戦となり、長考の応酬が続く。難解な形勢だったが、終盤に藤井が抜け出すと、安定した指し回しで突き放して快勝。防衛に向けて好発進となった。第2局は5月15日に行われる。

現在、五冠の藤井聡太
現在、五冠の藤井聡太

第93期ヒューリック杯棋聖戦の挑戦者は永瀬拓矢王座(7勝3敗)に決定。五番勝負は6月3日に開幕する。

第70期王座戦挑戦者決定トーナメントの組み合わせが発表。藤井は初戦で大橋貴洸六段(2勝3敗)と対戦。対局は5月6日の予定。

第81期順位戦の組み合わせが決定。A級初参加の藤井は最年長の佐藤康光九段(2勝)と初戦で対戦する。10人による総当たりで、優勝すれば名人への挑戦権を得る。

第30期銀河戦本戦はGブロック最終戦に登場する。手前には木村一基九段、久保利明九段らが控えており、勝ち上がってきた棋士と対戦し、勝てば決勝トーナメント進出だ。放映は秋の予定。

第72回NHK杯将棋トーナメントは1回戦シード、2回戦で西田拓也五段─伊藤匠五段戦の勝者と対戦する。

第48期棋王戦コナミグループ杯はタイトルホルダーのため本戦シード。まだ予選の最中のため、組み合わせは未定。

第35期竜王戦、第63期お~いお茶杯王位戦は藤井への挑戦権を争う決勝トーナメント、挑戦者決定リーグが進行中。

第1期新銀河戦1回戦で田中寅彦九段と対戦。田中の絶妙な指し回しに大苦戦を強いられたが、最後の最後で田中が持駒から成銀を打ってしまうという珍しい反則をしてしまう。まさかの反則勝ちで2回戦に進出。2回戦では山根ことみ女流二段と対戦する。

第5回Abema将棋トーナメント。今年もリーダーとして登場した藤井は、森内俊之九段、藤井猛九段とベテランの2名を指名した。

4月17日に山形県天童市で行われた人間将棋に対局者として登場。佐々木大地六段との対戦はトークでも盛り上げた。なお、結果は藤井の勝ち。

文=渡部壮大

この記事の画像

放送情報

第71期 ALSOK杯王将戦 七番勝負 第2局
放送日時:2022年5月17日(土)18:00~
チャンネル:囲碁・将棋チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

藤井聡太の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事