AKB48紅白、卒業を発表したHKT48・指原莉乃が涙のステージ

感極まって歌えなくなったことを堺に聞かれると「みんなが泣いているので泣いちゃった。私、もしかしたら今日卒業するのかと思った」と笑顔で回答。さらに、発表から一夜明けた心境について「意外とすっきりしています。メンバーと会うと寂しいですけど、これからが楽しみです」と前向きに話す。また、最後となったAKB48紅白については「正直、いつも長いなと思っていました」と本音を暴露。いつもの指原節コメントに会場から笑いが起こると「ここまで出番が少ないから見ている時間が多かったんですけど、今年はかじりつくように見ています」と心境の変化を明かした。そして、堺より卒業後の活動を問われると「どうしましょう。どうしたらいいと思います?」と逆に質問し、「何かのアシスタントにしてくれないですか」と堺に冗談交じりに売り込んだ。

その後、特別ゲストとして、ダチョウ倶楽部が登場。指原の卒業をお祝いするためにきたという上島竜兵は、花束を手渡しながらも同じ事務所なのに一言も相談がなかったと苦情。指原から会う機会がなかったと反論されるも、言い合いになり2人の距離は大接近。指原が身構える中、上島おなじみのキスネタが披露できる距離に近付き、会場全員が息を飲むが、結局上島がギブアップ。指原が「上島さんいつもひよるんです」と言うように今回もキスはお預けとなった。

また、コンサートでは、審査楽曲の合間に後輩が指名した先輩と行うコラボパフォーマンスも実施。今年1月の「第3回AKB48グループドラフト会議」で加入し、来年1月にはソロコンサートを開催する矢作萌夏は、柏木由紀を指名し「夜風の仕業」を熱唱。柏木と共に圧巻の歌声を披露すると「私の育ての親」と柏木との関係性を説明し、柏木は「デビュー前から見ていたので立派に育った」と感心した様子をみせた。

なお、紅白歌合戦の結果は、映画館、会場、審査員による投票で行われた。結果発表を終えると、堺は「新しいAKB48の挑戦って感じがした」と絶賛し、審査員も同様に感激した様子を見せた。審査した田中投手は「48グループの魅力をファンの皆さんも堪能したんじゃないかと思います」と総括。好きなアイドルを聞かれると「48グループです」と答え、会場を大いに沸かせた。

そして、コンサートの最後は、48グループ全員で「Joyful,Joyful」を合唱。観客が拍手喝采する中、メンバーたちはステージを後にした。

このコンサートの模様は1月14日(月)にBSスカパー!にて放送される。AKB48グループの魅力をたっぷり堪能できる年末の祭典をぜひご覧いただきたい。

文=永田正雄

この記事の画像

放送情報

第8回 AKB48紅白対抗歌合戦 独占放送
放送日時:2019年1月14日(月)21:30~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事