若月佑美が乃木坂46時代に演じた"嫌われ松子"は激しさゆえに孤独

2016年に上演された舞台「嫌われ松子の一生」では、主人公の川尻松子を桜井玲香(乃木坂46)と若月佑美(2018年11月に乃木坂46を卒業)がWキャストで演じた。同じ台本を元に、演出が異なる2つのバージョンが存在し、桜井が主演を務めた「赤い熱情篇」が3月1日(金)に、若月主演の「黒い孤独篇」が2日(土)にTBSチャンネル2で放送される。ともに乃木坂46の1期生かつ1994年生まれの同い年で、お互いを"相棒"と呼び合っていたこともある2人。そんな彼女たちが今回の放送に合わせて「桜井玲香(乃木坂46)×若月佑美 スペシャル対談~演じるということ~」で若月の卒業後としては初共演を果たしている点も見逃せない。

舞台「嫌われ松子の一生」は、2003年に発表された山田宗樹の同名小説が原作。ある事件を機に中学校教師の職を追われた松子が、小説家志望の八女川徹也(吉川純広)、その友人で彼に嫉妬する男・岡野健夫(岡田達也)、のちに松子が勤務する風俗店のマネージャー・赤木(なだぎ武)、風俗店の常連で松子と組むことになる小野寺保(堀越涼)、理容室の店主・島津賢治(藤田秀世)、松子の元教え子で彼女を慕う龍洋一(オレノグラフィティ)らと出会い、愛に生きながらも翻弄されていく物語。

乃木坂46時代の若月は、ファンの間では真面目なキャラクターとして知られていた。バラエティ番組のスポーツ企画では転倒するほど全力で走り、別の企画では男装してメンバーをうっとりさせるなど、とにかく自分の仕事を真面目にやりきるタイプ。一方で「二科展」のデザイン部門に7年連続で入選するなど、芸術方面の才能にも秀でている。表現力が豊かな彼女は舞台作品への出演が多く、かねてから女優業への熱意を語っていた。真面目に役をまっとうするからこそ、喜劇的な芝居にも定評があり、福田雄一が演出を手掛けた舞台「スマートモテリーマン講座」(2017年)では、さまざまなキャラクターを演じ分け笑いを誘った。以降、コメディー作品が多い福田組の常連になりつつある。

もちろん、今回、若月が主演した「黒い孤独篇」は、喜劇的要素がないシリアスな内容だ。若月版の特徴は、松子がやや力強く見えるからこそ、別れに直面した時のトーンの落ち方が激しく感じられる点だろうか。どの男との愛の日々にも、最後には必ず悲しい別れがやってくる...その繰り返しこそが松子の人生だが、別れのひとつひとつがこれ以上ないほど絶望的に感じられるのだ。筆者の個人的な感想としては、小野寺との生活が破綻していく中での松子の姿にすごみを見た。"熱情篇"ながらはかない桜井版とは一味違う、激しいからこそ孤独な松子に哀愁を感じていただきたい。

文=大小田真

この記事の画像

放送情報

舞台「嫌われ松子の一生」[赤い熱情篇]
放送日時:2019年3月1日(金)22:00~

舞台「嫌われ松子の一生」[黒い孤独篇]
放送日時:2019年3月2日(土)22:00~

桜井玲香(乃木坂46)×若月佑美 スペシャル対談~演じるということ~
放送日時:2019年3月1日(金)21:30~
     2019年3月2日(土)21:30~

チャンネル:TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!