自然体の超特急6号車・ユースケ、「お兄さん」って呼ばれるキャラを!

黄色がイメージカラーの“元気”担当、6号車・ユースケ
黄色がイメージカラーの“元気”担当、6号車・ユースケ

アーティスト活動はもちろん、メンバー6人の親しみやすいキャラクターを最大限に生かしたバラエティ番組でも高い人気を誇る超特急。そんな彼らがテレビスターとしてのさまざまなスキルを学ぶ冠番組「超特急の撮れ高足りてますか?」(通称:トレタリ)もシーズン4に!さらに内容も「バラエティスキル学習バラエティ」から「タイムリミット撮れ高バラエティ」へとリニューアルしたことを記念して、メンバー6人が「トレタリ」の歴史を振り返るインタビューを敢行。今回は、黄色がイメージカラーの"元気"担当、6号車・ユースケが登場!

――「トレタリ」がついにシーズン4に突入しました。番組開始当初、ここまで続くと思っていましたか?シーズン1~3を振り返っての感想とともにお聞かせください。

「豪華な芸人さんたちが僕らのマネージャーとして参加してくださっている冠番組が、まさかこんなに続くとは思っていませんでした。毎回マネージャーさんから学ぶことが多く、"その番組"に出演した時の対応を勉強させていただいているので、正直ずっと続いてほしいです!」

――番組でさまざまなことに挑戦されてきた皆さんですが、実際に仕事で生きたと実感できた回はありましたか?

「『#67 アタック系クイズ番組』など、クイズ番組をパロディさせてもらった回です。『分からない問題にも積極的に答える』という姿勢を教わったので、クイズ番組に出演させていただく際には、その経験が生かされていると思います」

――シーズン3では「声優挑戦」「ラップバトル」など新境地を切り開く回が多かった印象ですが、楽しかった回や苦戦した回を教えてください。

「『#66 超!路線バスの旅 後篇』は、とても楽しかったです。いくつになっても礼儀は忘れないようにと、いろんな方に教えてもらったのですが。その日だけはマネージャーの庄司(智春)さんのことを呼び捨てにしてしまったりと、新キャラを見つけた思い出深い回です(笑)」

――シーズン3で一番ご自身の撮れ高があったのはどの回だと思いますか?

「MVT(最も撮れ高があったメンバー)にはなれませんでしたが、『#57 ダンジョン系ラップバトルを予習!』の回は、撮れ高があったと思います」

――今年で結成8周年を迎えますが、結成時からご自身やメンバーで変わったと思う部分はありますか?また、結成当時のご自身に一言メッセージを伝えるとしたら?

「変わったことは、みんな顔も体も大人になりました。結成時は学生だったのに、時がたって社会人になって、もうすぐアラサーメンバーも。本当にびっくりです!当時の僕には『今のうちにダンスレッスン行きなさい』(笑)」

――街ブラロケでは、道行く方へ積極的に声をかけていらっしゃいますが、収録の際に意識していることはありますか?

「とにかく自然体でいようとしています。無理してキャラを作るのではなく、本当に普通にする。自然な自分を見せたいという気持ちでいるので、自然と撮れ高を求めたりしているんだと思います」

――「再現おじさん」「タメ口おじさん」など、新キャラクターがいくつも誕生しましたが、再び登場することはありますか?

「今はまだ『おじさん』と呼ばれたくないので、『お兄さん』って呼ばれるキャラを見つけます!」

――最後に、8号車(ファン)の皆さんへメッセージをお願いします。

「いつもトレタリをご覧くださり、ありがとうございます。シーズン3で終わると思いきや、終わりません!まだまだ僕たちの成長を8号車に見てもらいたいです。シーズン4もお楽しみに!」

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

超特急の撮れ高足りてますか?
放送日時:2019年7月8日(月)23:30~(#78)
※隔週月曜(月2回放送)23:30~
チャンネル:フジテレビTWO ドラマ・アニメ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事