2年半ぶりの全国ツアー『米米CLUB a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2021 ~大芸術祭~』を開催

(C)荒川 潤

米米CLUBの、約2年半ぶりの開催となった有観客の全国ツアー『a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2021~大芸術祭~』の埼玉公演が、10月10日、川口総合文化センター リリアメインホールで開催された。

このツアーは本来、2020年に開催される予定だった『a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2020~OMUSUBI~』が、コロナ禍による緊急事態宣言の影響で、2021年に延期となったもの。新たに「大芸術祭」と名前を変え、全く新しい内容のツアーとして、9月19日の千葉・松戸公演を皮切りにスタートした。

しかし、好事魔多し、9月25日にはカールスモーキー石井(Vo/MC)が自宅で転倒し頭部を打撲、直近の3公演が延期となる事態に見舞われたが、この日の埼玉公演から無事ツアーが再開された。

(C)荒川 潤

今回のツアーでは、感染拡大防止策のため、全席着席指定にて開催、観客は歓声や合唱も制限されるなど、会場全体がダンスフロアの如く盛り上がる、いつもの米米CLUBのショーとは雰囲気の異なるスタイルが取り入れられている。

開演ブザーが鳴ると、メンバーのMINAKO・MARI(SUE CREAM SUE)2人がステージ上にメトロノームを置き、コチコチと音が鳴り響く中幕が上がる。ステージ上に勢ぞろいしたメンバーは、いきなり当て振りのエア演奏をはじめ、カールスモーキー石井も口パクで何やら感情を込めている。無音の中、観客の笑いだけが響くホールに、時折、ピッ!と一音だけ音が出たり、一瞬ヴォーカルの声が聞こえたりと、人を喰ったおフザケ演出は変わらず。どうやら歌っているのは彼らの大ヒット曲「君がいるだけで」のようだ。

2曲目の「今夜はフル回転」からは通常に戻り、3曲目「I・CAN・BE」では、ステージ後方にしつらえた太陽のオブジェと同じ形のペンライトが、真っ赤に客席を彩る。歌い終えると石井が最初の挨拶。バックに並んだメンバーは、ステージ向かって左手奥にホーンセクションBIG HONES BEEの5名、手前にフラッシュ金子(key)とBE(Gt)、右手にはRYO-J(Dr)、MATARO(Per)、リーダのBON(Bs)、ジョプリン得能(Gt)、MACHIKO(Cho)が配され、センターの石井を囲むようにSUE CREAM SUEの2人とテキーラ☆まさはる(Dance/Vo)。総勢16名がステージに揃う姿はまさに壮観だ。

(C)荒川 潤

石井のMCも先ほどのエア演奏に触れ、「心で歌うとはああいうことを言うんです。歌っていうのは心ですよ!」と笑いを取る。観客が大声で歌うことが許されない状況を逆手に取ったギャグに、会場からマスク越しの笑いが漏れる。続いてのメンバー紹介も、駅員のアナウンスを模したもので、いちいち「ミナコ・第3形態」「マチコ8KファイブG」などバージョンアップされたネーミングで笑いを誘う。

しばらくぶりの演奏という「忘れないよ」を皮切りに、ここからは1~2曲歌っては合間に寸劇を挟む、まるで小劇場の演劇とライブが一体化したような、おなじみの米米ワールドに突入だ。1月リリースの新曲「愛を米て」や、2021年2月の生配信ライブで初披露となった「文化女子」などの新曲に加え、ステージでしか聞けない未発表曲も。SUE CREAM SUEのコーナーでは、女性陣のコミカルなやり取りもお手の物。BIG HONES BEEの石川県金沢(Sax)は、警官のコスプレをして石井と丁々発止のやり取りの末、そのままの恰好で「俺は河原の諜報部員」を披露。石井のみならずあらゆるメンバーが一癖も二癖もあり、高度なギャグ・センスと高い演奏力を誇る腕利き揃いのスーパー・バンドなのだ。

特に米米CLUBのファンク・バンドとしての実力を見せつけてくれるのが、インスト曲「African Fever」にはじまる、怒涛のファンク・ナンバー。途中、石井と並ぶバンドの看板男、ジェームス小野田(Vo)がド派手な甲冑姿で登場すると客席は一層大きな拍手に包まれ、そのまま後半戦へ突入していくのも長年のお約束だ。これでステージには、サポート・メンバーも含めた総勢17名が揃った。

超絶スカ・ナンバー「インサートデザート」のパワフルな演奏で会場を盛り上げ、ラストはお馴染みの「Shake Hip!」。観客はメンバーの動きに合わせ、着席したままで腕を振り振りモンキー・ダンスで応えた。一糸乱れぬ観客の着席ダンスを観ていると、メンバーとファンの間で長年培われた信頼は確かなものであることがわかる。コロナ禍のライブという新しいエンターテインメントのスタイルを提示した米米CLUBと、その変化にも即座に対応するファンの温かい応援は、新たな時代のライブの指針を示しているようだ。

(C)荒川 潤

アンコールの「ア・ゲ・ハ」を歌い終えた石井は「大変なところを来てくれてありがとうございました」と謝意を述べ、自身の転倒事故もギャグを交えながら「心配かけて申し訳ありません」と語り「今日から新しい自分を勉強しなおして、ツアーを完走させたいと思います。また遊ぼうぜ!!」と、いつもの米米CLUB健在!を印象付け、明るく楽しくポジティヴなステージの幕を下ろした。

WOWOWプラスでは、この全国ツアーから11月28日開催の東京ガーデンシアターでの模様を、12月にテレビ初独占放送する。新たなエンターテインメントの在り方に1つの回答を出した、彼らのショータイムを見届けたい!

文=馬飼野元宏

この記事の画像

放送情報

「米米CLUB a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2021 ~大芸術祭~」
放送日時:2021年12月26日(日) 19:00〜
チャンネル名:WOWOWプラス 映画・ドラマ・スポーツ・音楽
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!