注目度急上昇中!「-真天地開闢集団-ジグザグ」とは何者か

-真天地開闢集団-ジグザグ
-真天地開闢集団-ジグザグ

今、注目度が上昇中のヴィジュアル系バンド、-真天地開闢集団-ジグザグ(しんてんちかいびゃくしゅうだん じぐざぐ)。見た目も音楽も独特で、唯一無二な世界観を築き上げ、参拝者(ファン)をどんどん増やしている。
メンバーは3人。"破壊の祈祷師"を名乗るボーカルの命-mikoto-は作詞・作曲をはじめ、ミュージックビデオの制作などバンドに関するほとんどを手掛けており、まさしくカリスマ的存在。"鳴弦の陰陽師"を名乗る龍矢-ryuya-は、もともとはギターを担当していたが、今はベースを担当。"禁忌の大忍"を名乗る影丸-kagemaru-はドラムを担当している。

「愚かな者に救いの手を差し伸べる」をコンセプトに結成され、本格的に始動したのは2016年。以降、禊(ライブ)を行いつつ音源を発表してきたが、2019年6月に『慈愚挫愚 壱 〜大殺界〜』、2020年3月に『慈愚挫愚 弐 〜真天地〜』といった完全音源集(オリジナルアルバム)をリリースした。

2020年9月にテレビ番組「有吉反省会」に出演し、命はサンリオのキャラクターが実は好きなことや、"しゃべらない"設定の影丸はしゃべるのが本当は好きだとか、世界観が崩壊してしまうが、逆にそのブレブレなところに興味を持った視聴者が多く、注目度も大きく上昇した。そういったきっかけがあったりしたが、"ジャンルレス"な楽曲という大きな魅力もあり、2022年1月5日に3rdアルバム『慈愚挫愚 参 -夢幻-』はオリコンランキングで最高位3位を記録した。広がりを感じさせる「Aria」、ファンタジックな「ラスデイ ラバー」、ノリのいいアップテンポな「いいこいいこして」、ハードなサウンドで攻める「Requiem」、ハードな中にメロディックな部分が垣間見える「燦然世界」、"ナニモ ナニモ ナニモシタクナイ""ヤダヤダヤダ"と連呼する「ナニモシタクナイ」など、その振り幅の大きさには驚かされる。リリース直後の1月22日にはサンリオピューロランドで禊「慈愚挫愚 ピューロランド禊 〜命様の愛が届きました〜」を開催するなど、まさに上昇気流に乗った状況となった。

撮影:YU KUBO

そんな彼らが最新アルバムを引っ提げて行った全国ツアー「全国悪霊退治 -夢幻-」より、最終日となった5月31日の大阪・Zepp Osaka Bayside公演の模様が7月27日(水)にMUSIC ON! TV(エムオン!)で放送されることが決定。楽曲やステージの独特な世界観、それらとMCのギャップなど、丸ごと楽しめるのが彼らのライブ、いや"禊"だ。8月4日(木)に六本木ヒルズアリーナで行われる「SUMMER STATION LIVEアリーナ」、8月12日(金)に千葉・千葉市蘇我スポーツ公園で開催される「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」など、夏のイベントへの出演予定も多く、11月15日(火)には日本武道館でのライブ「単独禊『慈愚挫愚』」が決定している彼ら。それらを前に、全公演ソールドアウトとなった最新ツアーをぜひチェックしていきたい。

文=田中隆信

この記事の画像

放送情報

M-ON! LIVE -真天地開闢集団-ジグザグ 「全国悪霊退治 -夢幻-」
放送日時:2022年7月27日(水)23:00~
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事