チャニ(SF9)が俳優としてのポテンシャルを発揮 |Kカル!

超話題作「SKYキャッスル(原題)」チャニ的見どころは?

超学歴至上主義の韓国の、熾烈な大学受験戦争を風刺し、昨年末、社会現象を巻き起こしたドラマ「SKYキャッスル」。このドラマは、韓国社会の上位0.1%のセレブたちが集まる高級集合住宅「SKYキャッスル」を舞台に、韓国教育の最高峰・ソウル大学医学部に子供たちを入学させようと受験にのめりこむ親たちの凄まじいまでの執念と結末を描くブラックコメディーです。
アクの強いセレブ家ばかりが住む「SKYキャッスル」に、ある日、フツーの感覚を持った庶民派家族、ファン家が引っ越してきます。それをきっかけに、平穏に見えていた「SKYキャッスル」の"異常性"が露わになっていくのですが、そのどれもが「ありえない、でもありえそう」な絶妙なラインをついてきていて、どんどんハマってしまいます。

ファン家の息子ウジュを演じるのが、ボーイズグループSF9のメンバー、チャニさんです。実は、チャニさんは子役出身。7歳で一芸に秀でたキッズを紹介する番組『スターキング』に出演し、話題を集めます。その後、「私の心が聞こえる?」「優しい男」など多くのドラマで主人公の幼少期を演じ、「シグナル」では物語のキーパーソンとなる主人公の兄役に抜擢されました。

今作でチャニさんが演じているウジュは、田舎の中学からソウルの進学校に首席入学した秀才高校生。優しくて、聡明で、おとなしく、正義感もあるクラスの人気者です。そんなウジュは、同じ学校に通うヘナに恋をします。初めての恋に戸惑ったり、ときめいたりしながら毎日を過ごしますが、その恋のせいで、全てが順調だった人生が、ガラッと変わってしまいます......。
クレイジーな人ばかりが登場する中で、まっすぐに育った好青年ウジュは、視聴者にとって救いとなる"癒しの存在"です。そんなウジュの、"絶対に見逃せない"シーンは2つ。ヘナとの初めてのキスシーンと、"ある場所"で両親と対面するシーンです。
ベンチに座ってヘナと話していたウジュは、ヘナに突然キスをされます。その瞬間のチャニの"はっ"と驚く表情には、ウジュの純情さや初々しさがよく表れていて、思わずこちらまでキュン。また、劇の中盤、"ある場所"で両親と対面するシーンでは、憔悴しきった表情と助けを求める切実な瞳に、胸が張り裂けそうになってしまいます。この熱演には、一緒に撮影したチェ・ウォニョン(ウジュの父親役)も「君がやろうとしていること、イメージしていることがうまく表現できていたぞ」と絶賛したそうです。 
チャニさん曰く、今作は「様々な経験を通して、これから演技者としてどういう道を行くべきなのかを示してくれた作品」。歩むべき道を見つけた"俳優チャニ"さんの、今後の活躍が楽しみですね。

取材・文:酒井美絵子

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。
2016年4月からは、BSスカパー!(BS241)で放送中の『韓流ザップ』で「天の声」を担当。

「Kカル! powered by スカパー!」とは

「Kカル! powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「POPSTYLE(ポップスタイル)」紙面にて「シムクン♥韓流」として始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。
2019年4月からは枠はそのまま内容がリニューアル!
お隣だけど、まだまだ知られざる魅力がいっぱいの韓国。
その文化、社会、流行、グルメなどを「Kカルチャー」=「Kカル」と称して毎月紹介します。

当サイトでは、「Kカル!」専属ライター、酒井氏によるコラム記事を紹介していきます。
「Kカル!」は、毎月第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求めください。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。
http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

Kカル!コラム一覧はこちら

この記事の画像

放送情報

(C) Jcontentree corp & JTBC Content Hub Co., Ltd. all rights reserved.


SKYキャッスル(原題)


2018年の年末から2019年の年始にかけて、韓国で社会現象にもなった大ヒットドラマ。狂気とも言えるほどの教育熱を見せる韓国社会のリアルな世相をアイロニカルに映し出し、視聴者から圧倒的な支持を得た。総合編成チャンネルJTBCで放送され、第1話の視聴率が1.727%だったにもかかわらず、第18話では23.2%を記録。非地上波チャンネルで『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』が持つ歴代最高記録20.5%を塗り替える数字を記録した。(※ニールセン・コリア 有料世帯基準/全国)。


自分の子供たちを一流大学に入れるために血まなこになる親たちをヨム・ジョンア、チョン・ジュノらベテラン俳優たちが好演。そして、親たちからの強烈なプレッシャーに悩まされる子どもたちを、SF9のチャニなど若手俳優たちが見事に体現している。


過剰な教育熱に警鐘を鳴らすというテーマだけでなく、スタイリッシュな映像と風刺表現、中毒性のあるセリフ回し、細やかかつスリリングな演出と俳優たちの名演技により一大シンドロームを巻き起こした。


【あらすじ】
大学病院の医師やロースクールの教授など、韓国の上位0.1%の富裕層が住む高級住宅街「SKYキャッスル」。親たちは自分の子どもたちを一流大学に入れるために血なまこになっていた。大学病院の医師ジュンサンと妻のソジンの間には二人の娘がいる。ある日、ジュンサンの先輩医師スチャンの息子ヨンジェが名門大学に合格したことを知るソジン。娘のイェソをソウル大学医学部に入れたいソジンは、ヨンジェの母親ミョンジュに合格のための秘訣を聞き出す。それは入試コーディネーターと呼ばれる人間を高額で雇ったという話だった。その数日後、ミョンジュは雪の降る深夜に銃で自殺を図る。残されたタブレットには、息子ヨンジェの復讐のメッセージが残されていた…。


出演:ヨム・ジョンア、チョン・ジュノ、イ・テラン、チェ・ウォニョン、ユン・セア、キム・ビョンチョル、オ・ナラ、チョ・ジェヨン、キム・ソヒョン、チャニ(SF9)
演出:チョ・ヒョンタク
脚本:ユ・ヒョンミ


放送日時:2019年5月21日(火)放送スタート<全20話>
※毎週(火)23:00~2話連続放送
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。


チャンネル・料金情報はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!