イ・ホンギのMCも楽曲も全てがエモすぎる!FTISLANDの"覚悟"に満ちたライブ

日本が空前のK-POPブームに湧いた2010年代初頭。東方神起、少女時代、KARA――当時爆発的な人気を博したK-POPグループが台頭するよりも早く日本短期留学を経験し、2008年より地道なインディーズ活動を始めたロックバンドがFTISLANDだ。その後、メジャーでのCDデビューを経てブレイクを果たした彼らが、来年で日本デビュー10周年を迎える。

(写真左より)イ・ジェジン、チェ・ミンファン、イ・ホンギ、ソン・スンヒョン

(C)FNC ENTERTAINMENT JAPAN

FTISLANDの"顔"といえば、絶対的ボーカリストのイ・ホンギ。10代の頃から彼のエモーショナルでパッション溢れる歌声は圧倒的な存在感で、年齢を重ねると共にその表現力も深みが増してきている。

2007年当時、史上最年少(平均16歳)の現役高校生バンドとして韓国で結成された彼らは、リズム隊も、疾走感たっぷりのアップチューンから切ないバラード、ミディアムまでお手の物。ロックバンド然とした骨太な楽曲はもちろん、ライブで盛り上がるハッピーソングからメロディアスに聴かせるナンバーまで、韓国の若手バンド随一と言えるほどのふり幅だ。そして、イ・ホンギだけではなくメンバー全員がボーカルを執るスタイルも大きな武器。唯一無二のバンド像を確立し、長きに渡ってファンを魅了している。

FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES-

(C)FNC ENTERTAINMENT JAPAN 撮影:ヤマダマサヒロ

FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES-

(C)FNC ENTERTAINMENT JAPAN 撮影:ヤマダマサヒロ

FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES-

(C)FNC ENTERTAINMENT JAPAN 撮影:ヤマダマサヒロ

そんな彼らの2019年上半期の活動を振り返ると、3月にアルバム『EVERLASTING』をリリース。入隊前ラストとなる今作は、"不朽の""永遠の"という意味が込められており、新たな旅立ちの時を迎えたFTISLANDからのメッセージが詰まっている。もちろん今回も全曲の作詞作曲をメンバーが担当。バンドの真骨頂とも言えるドライブ感溢れるリード曲「God Bless You」では"C'mon up!鳴らせもっとMusic~"と歌い、力強い意思がビシバシ伝わってくる。自然と気分がアガる爽やかで瑞々しいサマーチューン「Pretty Girl」、壮大なスケールで切ない恋心を歌う「YOU&ME」など、アルバムのどこを切り取っても心を打つ名曲揃いの1枚だ。

FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES-

(C)FNC ENTERTAINMENT JAPAN 撮影:ヤマダマサヒロ

『EVERLASTING』発売後、彼らは4月から約1ヶ月に渡る全国13公演のツアーをスタートさせ、各地で客席を大いに巻き込んでダイナミックかつ一体感溢れるパフォーマンスを披露。5月5日の最終公演、兵庫・ワールド記念ホールでは、イ・ホンギが「(入隊を前に)笑顔でバイバイしたかったけど、みんなにたくさん心配をかけてしまって...。4人でFTISLANDを守って戻ってきてもバンドを続けるから、応援お願いします!」と言うと、割れんばかりの拍手...!FTISLANDとファンとの絆が、より一層強固なものになった瞬間が散りばめられたライブとなった。

FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES-

(C)FNC ENTERTAINMENT JAPAN 撮影:ヤマダマサヒロ

そんな決意のコメントも飛び出したツアー最終日の模様が、9月9日(月)に衛星劇場にてテレビ初放送される。ライブに足を運んだ人もそうでない人も、必見のプログラムとなることは間違いない。間もなく入隊するとみられている彼らの勇姿は絶対に見逃せない!

文=川倉由起子

この記事の画像

放送情報

FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES-
放送日時:2019年9月9日(月)23:00~
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事