東方神起BoASUPER JUNIORら、エンターテイナーとしての圧倒的な"本物"感

韓国を代表する大手芸能事務所・SMエンタテインメント(以下、SM)所属のアーティストといえば、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR...と錚々たる顔ぶれ。日本でも抜群の知名度を誇る"SMファミリー"が一堂に会し、ファンにはすっかり恒例となったプレミアイベント「SMTOWN LIVE」の模様が、KNTVにて10月26日(土)に日本独占初放送される。「Fantasia Express」がテーマとなった今回は、さまざまな世界観を持つアーティストの惑星を巡るというコンセプト。例年以上に趣向を凝らしたコンセプチュアルなパフォーマンスで、ファンの度肝を抜いた。

「SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO」

(C)SM ENTERTAINMENT JAPAN

まず会場の東京ドームを湧かせたのは、フレッシュな若手アーティストの単独ステージ。2016年にデビューした10代メンバー中心のNCT DREAMをはじめ、日本人のユウタほか韓国・中国・アメリカ・カナダと多国籍メンバーが揃うNCT 127が、ダイナミックな群舞を披露。さらに、日本でも人気上昇中の5人組・Red Velvetや、個性派ぞろいのf(x)ら、フレッシュなガールズグループの登場で、ステージは一気に華やかに。

また、イベント中盤には、2012年のデビュー以来、長きにわたりトップクラスの人気を誇っているEXOが、日本初披露の新曲「Love Shot」でロックオン。さすがの実力を見せつけ、セクシーな振り付けでも多くの観客の胸をわし掴みにした。

テミン(SHINee)(「SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO」より)

(C)SM ENTERTAINMENT JAPAN

SUPER JUNIOR(「SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO」より)

(C)SM ENTERTAINMENT JAPAN

格の違いを感じさせるステージで圧倒したのは、やはりキャリアを蓄えた先輩アーティストたち。初のソロ出演となったテミン(SHINee)は、美しいビジュアルとダンスを惜しげもなく披露し、芸術的なステージを展開。安定感のある卓越したスキルで、ソロでも東京ドームの大歓声を独占していた。

一方、大人っぽいシックなスーツで姿を現したSUPER JUNIORは、キレキレの超絶クールなダンスを投下。大ヒット曲「Sorry Sorry」など全4曲をホレボレするような表現力と熱いグルーヴで畳み掛けた。

東方神起(「SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO」より)

(C)SM ENTERTAINMENT JAPAN

BoA(「SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO」より)

(C)SM ENTERTAINMENT JAPAN

姿を見せるや一瞬でその場を制した東方神起は、瞬きすら惜しい完成度の高いパフォーマンスにドームが大興奮!日本でこの夏発売した「Hot Hot Hot」で会場の一体感を高めたかと思えば、「Truth」ではラグジュアリーな世界観に心酔。ラストに披露した「MIROTIC」まで、エンターテイナーとしての"本物"感を十分に堪能させるステージを届けたのはさすがのひと言だった。

そして、日本におけるSMアーティストの先駆け的存在・BoA。その堂々たるパフォーマンスは唯一無二で、「AMOR」「Woman」と曲によって様々に表情を変える歌と踊りには思わず感嘆の溜め息が。彼女の存在とその切り拓いた道があったからこそ今の「SMTOWN」の熱狂が存在する――。そのヒストリーを想像するだけで胸にグッとこみあげるものがあった。

ユンホ&BoAによる「Swing」(「SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO」より)

(C)SM ENTERTAINMENT JAPAN

さらに「SMTOWN LIVE」の目玉といえば、プレミア感たっぷりのコラボステージ。ユンホ&BoAの「Swing」では地鳴りのような歓声が!事務所内でも特に仲の良い先輩・後輩として知られる2人が絡み合う密着度の高いパフォーマンスを見せ、キス寸前のセクシーな演出でも魅了。会場を賑やかに彩ったSUPER JUNIORのドンヘ&ウニョクによるユニット・SUPER JUNIOR-D&Eは、2人だけのステージはもちろんEXO-SCとして先日デビューしたばかりのチャンヨル&セフンとのコラボダンスも披露。このレアすぎる"ステージ風景"の連続に、会場は大いに盛り上がっていた。

SUPER JUNIOR-D&E (「SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO」より)

(C)SM ENTERTAINMENT JAPAN

9回目となった今年も、東京ドーム3Daysが埋まる「SMTOWN」の圧倒的な集客力。その理由は、SMエンタテインメントのブランド力と層の厚さ、基礎からしっかり積み上げられた高いパフォーマンス力に他ならない。そんな豪華スターたちが一堂に会するプレミア感、そして、ここでしか見られない夢のコラボステージは、一度見たら誰もがヤミツキになるはずだ。東京ドームが熱狂の渦と化した「SMTOWN」ライブの空気感をぜひこの機会に感じ取ってほしい。

文=川倉由起子

この記事の画像

放送情報

SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI IN JAPAN
放送日時:2019年10月18日(金)20:00~
SMTOWN LIVE 2018 IN OSAKA
放送日時:2019年10月19日(土)20:00~
SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO
放送日時:2019年10月26日(土)20:00~
チャンネル:KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!