チャン・ドンゴンTWICEが同じステージに!今年の"韓流"で最注目の存在

「MMA(Melon Music Awards)」(11月30日/高尺スカイドーム)、「MAMA(Mnet Asian Music Awards)」(12月4日/ナゴヤドーム)...と、K-POPスターが集う音楽授賞式が続々と開催される年の瀬。その中で、ひときわ異彩を放つ"AAA"という授賞式をご存じだろうか?

"AAA"こと「Asia Artist Awards」は、今年で4回目となる韓流ドラマとK-POPの総合授賞式。1月3日(金)にKNTVにて放送される本祭典は、K-POPだけでなく、今年の韓流エンタメを盛り上げた俳優も一堂に会する韓国初の一大イベントとあって、年々その注目度は高まっている。

「2019 Asia Artist Awards」

(C)STARNEWS

11月26日にベトナム・ハノイで開催された「2019 Asia Artist Awards」には、韓国の歌手18組、俳優・女優10人が出席。俳優部門では、韓国初となる太古ファンタジードラマ「アスダル年代記」で抜群の存在感を現したチャン・ドンゴンが大賞を受賞。ドンゴンといえば、2001年に出演した映画『友へ チング』で名を馳せ、2004年にはウォンビンと兄弟役を演じた映画『ブラザーフッド』が史上初の観客動員1000万人を突破する快挙を達成。日本でも、韓流ブームの立役者であるペ・ヨンジュンや、イ・ビョンホン、ウォンビンと共に"韓流四天王"として親しまれてきた彼は、レジェンド級の超トップスターだ。

チャン・ドンゴン

(C)STARNEWS

その後はなかなかヒット作に恵まれなかったものの、昨年は6年ぶりに海外ドラマのリメイク「SUITS/スーツ~運命の選択~」でドラマ復帰。膨大なセリフ量に難しい法律用語連発の敏腕弁護士役を難なくこなし、ベテランの風格を見せつけた。「太陽の末裔 Love Under The Sun」(2016年)のソン・ジュンギとの共演で話題を呼んだ「アスダル年代記」でも、カリスマ性を持った部隊の首長役で物語を引っ張り、今回の大賞授賞となった。

「2019 Asia Artist Awards」に出席したチャン・ドンゴン

写真提供:「2019 AAA」組織委員会

ベスト俳優賞に輝いたのは、「笑ってトンへ」(2009年)や「ヒーラー~最高の恋人~」(2015年)などで着実にキャリアを積むチ・チャンウク。今年4月に除隊となってからは、ラブコメディ「僕を溶かしてくれ」で"冷凍人間"となり20年後にタイムリープするという役どころをコミカルに演じて復帰を果たした。来年1月10日(金)には、アジアファンミーティングツアーの日本公演(パシフィコ横浜国立大ホール)も予定しており、日本でもより一層の注目が集まるのではないだろうか。

チ・チャンウク

(C)STARNEWS

ベストアイコン賞、ポテンシャル賞には、「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(2018年)でソン・イェジンと年の差カップルを演じた若手俳優チョン・ヘイン。今年も前作と同じ演出・脚本ペアによるドラマ「ある春の夜に」で、母性本能をくすぐるナチュラルな演技が光った。

チョン・ヘイン

(C)STARNEWS

ベストチョイス賞には、SUPER JUNIORのイトゥクやMOMOLANDのナンシーら、人気アーティストと共にMCという大役に初挑戦したアン・ヒョソプ。「30だけど17です」(2018年)で注目を集めた彼は、今年5月に韓国で放送されたファンタジーロマンス「アビス」の主演に抜擢され、魂を蘇らせる不思議な球体"アビス"によって超絶イケメンに生まれ変わるキャラクターで注目を集めたばかり。

ベテランから中堅、若手まで旬な役者たちが勢ぞろいした俳優部門。2019年の韓流ドラマ界を映し出すような結果が印象的だ。

アン・ヒョソプ

(C)STARNEWS

(写真左より)イトゥク(SUPER JJUNIOR)、イム・ジヨン、ナンシー(MOMOLAND)、アン・ヒョソプがMCを担当

写真提供:「2019 AAA」組織委員会

K-POP部門では、MCを務めたイトゥクがリーダーを務め、デビュー15周年を迎えるSUPER JUNIORのほか、GOT7、NU'EST、SEVENTEEN、TOMORROW X TOGETHER...と、人気・実力共に兼ね備えたボーイズグループが多数!迫力のパフォーマンスを繰り広げた。

TWICEのほかMOMOLANDやRed Velvet、ITZYら、今年活躍したガールズグループも続々と登場。また、女優部門に少女時代のユナが出席するなど、男女とも近年のK-POPシーンに欠かせないビッグネームから新人グループまで勢ぞろいしていたのが印象的だった。

「2019 Asia Artist Awards」に出席したRed Velvet

写真提供:「2019 AAA」組織委員会

そんな華々しいステージの一方では、元KARAメンバーであるク・ハラの訃報の直後だったこともあり、どこか追悼ムードが漂う中で開催されていたという背景も。その影響もあり、共に日本で活躍した少女時代のユナやTWICEのメンバー全員が、ハノイへ向けて出国する際、まるで追悼の意を表すかのように、黒い服装で空港に現れたことでも話題を呼んだ。

歌手部門で大賞ほか2冠に輝いたTWICEは、悲しい話題から一歩前に踏み出すような熱のこもったパフォーマンスを披露。K-POPを代表するグループとしての圧倒的な熱量と覚悟を感じさせた。日本でも、大晦日のNHK紅白歌合戦への3年連続出場が注目を集めているだけに、その晴れやかなステージを心待ちにしたい。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

2019 Asia Artist Awards<字幕版>
放送日時:2020年1月3日(金)20:00~
チャンネル:KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!