IZ*ONE(アイズワン)が、KCONで世界中の"WIZ*ONE"に向けて発信したメッセージ

「KCON:TACT 2020 SUMMER」に出演したIZ*ONE
「KCON:TACT 2020 SUMMER」に出演したIZ*ONE

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

6月15日に韓国3rdミニアルバム『Oneiric Diary(幻想日記)』でカムバックすると、米国を含む31の地域におけるiTunesのK-POPアルバムチャートで1位を獲得し、その人気ぶりを見せつけたIZ*ONE(アイズワン)。7月11日(土)には日本デジタルショーケースの開催も決定するなど勢いに乗る彼女たちが、最新パフォーマンスを見せたのが、6月20日~26日に行われた「KCON:TACT 2020 SUMMER」だ。

「KCON」といえば、2012年から始まり累積110万人を動員してきた韓国カルチャーフェスティバルだが、「KCON:TACT 2020 SUMMER」ではAR(拡張現実)技術を用いた仮想空間でコンサートを行い、その模様をYouTubeで生配信するという新たな試みを敢行。合計33組ものK-POPアーティストによる連日連夜のイベントに、オンライン上は異様な盛り上がりを見せ、1週間で世界150の地域から405万人が参加するという大成功を収めた。

「KCON:TACT 2020 SUMMER」のMEET&GREET

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

【関連記事】TOMORROW X TOGETHER(TXT)が"成長"を世界に発信!KCONで見せた新時代の実力

■日本の"WIZ*ONE"も歓喜!IZ*ONEの最新パフォーマンスとは?

IZ*ONEは「KCON:TACT」3日目に参加。まずMEET&GREETのコーナーに登場し、世界中のWIZ*ONE(ファンの総称)に向けて、各国のチャートで1位に輝いた『Oneiric Diary(幻想日記)』についての感謝の気持ちを伝えたメンバーたち。続いて、指名されたメンバーが該当するメンバーの名前を答えるというトーク企画で、「寝癖がひどいのは?」「よく喋るのは?」「周りに流されやすいのは?」といった質問が飛び出し、メンバーは終始、笑い合いながら回答。知られざる素顔が次々と明かされ、ファンを喜ばせた。

「KCON:TACT 2020 SUMMER」のレッドカーペット

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

そして3日目のトリを飾ったコンサートでは、日韓時間の深夜1時過ぎにも関わらず、登場するやいなやスーパーチャット(投げ銭)の嵐が吹き荒れる大歓迎ムードに。新譜の1曲目の「Welcome」でスタートすると、続くタイトル曲「Secret Story of the Swan(幻想童話)」では、12名のメンバーが織りなす美しいフォーメーションダンスで魅了。楽曲のフレーズに合わせ「swan swan swan」というコメントがチャット欄を埋めつくすほどの盛り上がりを見せた。

また、宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美という日本人メンバーが在籍するIZ*ONEは、他のガールズグループと比べても日本での人気や知名度は頭抜けている。韓国語・英語・日本語が飛び交っていた「KCON:TACT」のMCでは、日本人の男性ファンとテレビ電話で和気あいあいと通話する場面も。MC明けには本田が作詞を担当した日本語Ver.の「Merry-Go-Round」を歌唱するなど、その存在を日本のファンに向けても大きくアピールした。

IZ*ONEの宮脇咲良(「KCON:TACT 2020 SUMMER」)

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

IZ*ONEの矢吹奈子(「KCON:TACT 2020 SUMMER」)

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

IZ*ONEの本田仁美(「KCON:TACT 2020 SUMMER」)

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

このほか、グループ初のフルアルバム『BLOOM*IZ』収録の「FIESTA」では、華が咲いたように艶やかなパフォーマンスを披露し、ラストには世界中のWIZ*ONEが映し出された"Fan Featuring Stage"で、ファンの名を冠した楽曲「With*One」を歌うという今回ならではのコラボも実現。ファンに寄り添うような優しさを帯びた歌声には、「泣きそう...」「涙が止まらない」など感激の声も多数上がっていた。

そして、感動的なコンサートを締めくくるように、宮脇咲良が「お互いまた会える日まで、健康に気をつけて過ごしましょう」と日本語で挨拶し、ファンとの絆を感じさせるステージは幕を閉じた。

IZ*ONE(「KCON:TACT 2020 SUMMER」)

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

GFRIEND(「KCON:TACT 2020 SUMMER」)

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

■GFRIEND、ITZY、MAMAMOOら、ビジュアルもパフォーマンスも超一級のガールズグループ

IZ*ONE以外にも、人気のガールズグループが多数出演し、圧巻のステージで湧かせていた今回の「KCON:TACT」。2日目に登場した6人組のGFRIENDは、今年2月発売のアルバム『回: LABYRINTH』の「Crossroads(交差点)」や、人気曲「Time for the moon night(夜)」をパフォーマンスし、正統派グループとしての魅力を存分にアピール。また、「Rough」はバラードVer.で透き通るような歌声を披露し、「KCON:TACT」ならではの貴重なステージを繰り広げた。

ITZY(「KCON:TACT 2020 SUMMER」)

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

そのGFRIENDとは異なり、"ガールクラッシュ"な魅力を放つ5人組・ITZYも、同じく2日目にステージに上がると、初パフォーマンスの「NOBODY LIKE YOU」ほか、デビュー曲「DALLA DALLA」や「WANNABE」などベストアルバム的セットリストでファンを歓喜させた。また、カリスマ性にあふれたパフォーマンス中の姿とは打って変わって、気さくなMCや、世界中のファンが映し出されたステージで披露した「ICY」での笑顔など、親しみのある等身大な表情も印象的だった。

MAMAMOO(「KCON:TACT 2020 SUMMER」)

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

ITZYと並びガールクラッシュグループの代表格である4人組・MAMAMOOは、6日目のコンサートに登場。ファサが腰痛により不参加となり、チャット欄には「ファサが恋しい...」「しっかり休んで」など、彼女を気遣うコメントが並んだ今回のステージだったが、「HIP」「Egotistic」などの代表曲を、ソラ、ムンビョル、フィインの3人が気負うことなくハイレベルにパフォーマンス。完成度の高さはお墨付きのMAMAMOOだが、時にはフリを無視してじゃれ合うなど、自由な振る舞いからは、もはや風格すら感じることができた。

MEET&GREETのコーナーではしゃぎ回っていたMAMAMOO

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

IZ*ONE(「KCON:TACT 2020 SUMMER」)

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

今年の「KCON:TACT 2020 SUMMER」では、それぞれの個性を十分に発揮し、眩しい姿を見せていたガールズグループたち。彼女たちのパフォーマンスがすでに恋しいが、IZ*ONEが今回のステージでも楽曲を多数披露した『Oneiric Diary(幻想日記)』のカムバックショーの様子を届ける特別番組「IZ*ONE COMEBACK SHOW <ONEIRIC DIARY> 字幕版」や、平均年齢20歳となったメンバーの成長ぶりが堪能できる「IZ*ONE CHU~幻想のキャンパス」が、Mnetにて7月にラインナップされている。

IZ*ONEらK-POPグループがもたらす凄まじい反響ぶりは、「KCON:TACT 2020 SUMMER」閉幕後もまだまだ続きそうだ。

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

IZ*ONE CHU~幻想のキャンパス 字幕版
放送日時:2020年7月17日(金)0:30~
IZ*ONE COMEBACK SHOW <ONEIRIC DIARY> 字幕版
放送日時:2020年7月29日(水)23:30~
チャンネル:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!