『SWITCH ON』が大反響のASTRO、「KCON:TACT」だけで見せるスペシャルなステージとその舞台裏

ASTRO(「KCON:TACT 4U」)
ASTRO(「KCON:TACT 4U」)

8月2日に8枚目となるアルバム『SWITCH ON』をリリースした6人組ボーイズグループ・ASTRO。タイトル曲の「After Midnight」が、デビュー1999日目にして初となる地上波音楽番組の首位に輝いたほか、アメリカのiTunesのトップソングチャートでも1位を獲得するなど、国内外で大きな反響を呼んでいる。

コロナ禍でもオンラインでのファンミーティングやライブ、楽曲発売と精力的な音楽活動を重ね、デビュー5周年というアニバーサリーイヤーを全力で盛り上げている彼らは、6月19日~27日に開催された世界最大級のKカルチャーフェスティバル「KCON:TACT 4U」(字幕版がMnetにて8月30日に放送)にも出演した。

顔の天才、チャウヌ(ASTRO)も出演!(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

昨年6月に初めて「KCON:TACT」としてオンライン開催されて以来、4回目となる今回の「KCON:TACT 4U」には、計26組のアーティストが参加し、世界155地域で500万人が視聴した。

その中のメインプログラムであるコンサートでは、ニューヨークやシドニーなど過去にKCONが開催された地域で行う"ワールドツアー"というコンセプトのステージに。実際に約800人のファンの歓声を事前録音し、8万席規模のスタジアムをバーチャルで再現するなど、フィジカルなライブの臨場感を味わうための様々な試みが見られた。

ASTRO(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

DAY2に出演したASTROは、スタート早々にダンスナンバー「BLUE FLAME」でこのお祭りを盛り上げると、次のステージでは、6人のメンバーがそれぞれスポーツのユニフォームに身を包み「When You Call My Name」をパフォーマンスするなど、他グループのステージの合間にも度々登場した。数回にわたり、様々なコンセプトのパフォーマンスが披露されることからも、彼らに向けられる期待や注目度の高さが窺えた。

ASTRO(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

ASTRO(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

そしてDAY2の大トリとして再び登場すると、2ndフルアルバム『All Yours』からは、「ASTROと"AROHA(ファンの呼称)"が輝かしい瞬間に1つになろう」という意味が盛り込まれたタイトル曲「ONE」と、爽やかで軽快なナンバーの「All Good」を披露した。

また、英語や日本語なども交えたMCトークを時折挟みながら、ラストは7thミニアルバム『GATEWAY』に収録された、甘さと力強さを感じさせる「Knock」のキラキラ感全開のパフォーマンスで締めくくった。キレキレのダンスに芯のあるパワフルな歌声、高速でたたみかけるラップ...と、沸騰中の人気も納得のハイクオリティなステージには、ファンならずとも圧倒させられるはずだ。

ASTRO(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

また、世界中のAROHAと触れ合うコーナーでは、ファンの部屋をビデオコールで訪問し気さくにコミュニケーションをとったり、AROHAたちによる投票のもと6人で魅力対決をしたりと、ステージングとは180度異なる等身大な一面も覗かせていた。

ASTRO(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

CNBLUE(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

CNBLUE(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

ASTRO以外にも26組ものアーティストが参加し、こだわりのステージがそれぞれ展開された中で、話題を集めていたのが、兵役期間を経て約4年ぶりに「KCON」に登場したCNBLUEだ。ロックバンドとして高い評価を得る彼らは、しっとりと歌い上げる「過去、現在、未来 (Then, Now and Forever)」からアップテンポな「I'm Sorry」まで、新旧の楽曲を織り交ぜたセットリストを演奏し、その健在ぶりを見せつけた。

また、DAY6のトリを飾ったのが、"ガールクラッシュ"な魅力で日本でも人気が高まっている5人組ガールズグループのITZY。自己最短期間でMVが1億回を突破した話題曲「Mafia In the morning」をクールに披露し、どこか余裕すら感じさせる圧巻のライブを披露した。

ITZY(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

さらに最終日に登場したStray Kidsは、人気曲「God‛s Menu」のパワフルなパフォーマンスを見せたほか、STAY(ファンの呼称)のために準備したステージとして、「Back Door」をリレー・ダンス形式で披露。曲の合間には、STAYのリクエストに応じて、アカペラでラブソングを歌ったり、手でハートマークを作ったりと、和気あいあいとした交流も盛り込まれ、青空が広がる遊び心満載のステージをバックに「Blueprint」で締めくくるなど、終始サービス精神満点の演出が印象的だった。

Stray Kids(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

また、日本発のボーイズグループとしてJO1が、「KCON:TACT」皆勤賞となる4回目の出演を果たしたことも話題に。DAY7の出演アーティストの1組として事前収録されたライブで参加した彼らは、パワフルな「Born To Be Wild」を皮切りに、「Design」や「Speed of Light」で、もはや貫録すら感じさせる迫力のステージを披露。

JO1にとって初のドラマ主題歌となっている「Dreaming Night」も初お披露目しており、ポップかつメロウなサウンドに合わせたキュートな振り付けも注目を集めた。

JO1(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

また、Meet&Greetのコーナーで、リアルタイムでのオンライン交流にも参加したJO1は、手紙形式で思いを綴り合うという企画で互いにメンバーへの感謝を語り合う場面も見られた。こうした参加アーティストのステージ裏の素顔を捉えた特別番組「KCON:TACT 4Uバックステージビハインド」も、Mnetで8月31日(火)に日本初放送されるので、こちらもファンには見逃せないシーンが満載となっている。

JO1(「KCON:TACT 4U」)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

早くも9月18日(土)~26日(日)には、次なる「KCON:TACT HI 5」の開催が決定。出演アーティストのラインナップ発表はまだこれからだが、過去4回を見る限り、第5弾もまた豪華な顔ぶれになることは必至だ。字幕版で「KCON:TACT 4U」のステージを心ゆくまで堪能しつつ、また次回の開催も心待ちにしたい。

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

KCON:TACT 4U 字幕版
放送日時:2021年8月30日(月)20:30~
KCON:TACT 4 U バックステージビハインド
放送日時:2021年8月31日(火)19:00~
チャンネル:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!