体を寄せ合うラブシーンも大反響!アン・ヒョソプキム・ユジョンの尊すぎる純愛模様

「ホン・チョンギ(原題)」
「ホン・チョンギ(原題)」

(C)SBS

大晦日に開催された「2021 SBS演技大賞」でも高い評価を集めたファンタジーロマンス時代劇「ホン・チョンギ(原題:紅天機)」。2年連続で「SBS演技大賞」のMCを務めるほどの人気を誇る若手女優キム・ユジョンと、人気急上昇中の次世代スター、アン・ヒョソプによる"ケミ"は回を重ねるにつれ視聴者の共感を集め、10月に韓国で最終回を迎えた際には同時間帯での高視聴率をマーク。演技大賞でもベストカップル賞に輝くなど、改めてその人気ぶりを証明した。

ユジョンだけでなく、「浪漫ドクター キム・サブ2」(2020年)でブレイクしたヒョソプにとって名実ともに新たな代表作となった同作が、いよいよ1月14日(金)にKNTVにて日本初放送を迎える(レギュラー放送は2月19日(土)より放送)。

キム・ユジョン&アン・ヒョソプのケミが反響を呼んだ「ホン・チョンギ(原題)」
キム・ユジョン&アン・ヒョソプのケミが反響を呼んだ「ホン・チョンギ(原題)」

(C)SBS

朝鮮時代に実在した天才女性絵師、ホン・チョンギ(ユジョン)の数奇な運命がファンタジックに描かれる本作。昼は役人で夜は秘密組織の一員という盲目の青年、ハ・ラム(ヒョソプ)とチョンギのロマンスを主軸にしながら、チョンギが巻き込まれる王室の陰謀や復讐劇もドラマを盛り上げていく。

「トキメキ★成均館スキャンダル」(2010年)「太陽を抱く月」(2012年)と、これまでドラマ化されたロマンス時代劇が大ヒットしてきたチョン・ウングォルの同名ベストセラー小説が原作ということで、韓国では製作発表段階から話題に。特に、キム・スヒョン、チョン・イル、ヨ・ジングら多数のスターを生み出した「太陽を抱く月」に、子役として出演していたユジョンがヒロインを務めることもあり、韓国時代劇ファンの期待値はかなり高かった。

「ホン・チョンギ(原題)」
「ホン・チョンギ(原題)」

(C)SBS

だが放送がスタートすると、反響はそれ以上。神や鬼といったファンタジー要素も多分に含んだ世界観に、チョンギ役のユジョンとラム役のヒョソプの眉目秀麗なカップル像がマッチ。コンミョン演じる陽明大君も巻き込んだ三角関係の行方も注目を集め、韓国放送時はTwitterのトレンドを賑わせた。

中でも人気を呼んだのが、チョンギとラムの胸キュン度満点のケミストリーだ。

幼い頃に出会った2人が成長し、偶然再会したことから運命の歯車が動き出す。2人が名乗り合うシーンでは、ハンサムなラムにポーッとなってしまうチョンギが何とも可愛らしい。一方、体に"魔王"を封印されたことで視力を失ったラムも、姿は見えずとも、チョンギが幼い記憶に刻まれた少女であることに気づき、好意を抱いていく。

「ホン・チョンギ(原題)」
「ホン・チョンギ(原題)」

(C)SBS

もともと芸能事務所JYPエンターテイメントのアイドル練習生であり、「30だけど17です」(2017年)や「アビス ABYSS」(2019年)といった人気ドラマでキャリアアップしてきたヒョソプが、憎しみと慈悲深さの二面性を持つラム役を好演している。

落ち着いた佇まいのラムが、陽気で少女のように天真爛漫なチョンギに心ほぐされ惹かれていく様子は、2人の相性の良さを感じさせ、ずっと見ていたいと思うほどに心地よい。

「ホン・チョンギ(原題)」
「ホン・チョンギ(原題)」

(C)SBS

小柄なユジョンと187cmのヒョソプの立ち姿のバランスも女子の憧れそのもので、2人が見つめ合い、体を寄せ合うロマンティックなラブシーンはまさに胸キュン必至。実年齢でも4歳年上のヒョソプが、劇中でチョンギを優しくエスコートする姿もたまらない。どことなく清廉さを漂わせた彼らの好相性ぶりもさることながら、何とも尊さを感じさせる"ケミ"なのだ。

「ホン・チョンギ(原題)」
「ホン・チョンギ(原題)」

(C)SBS

「ホン・チョンギ」でさらなる人気を獲得したヒョソプは、今年上半期に放送予定とされるSBSドラマ「社内お見合い(原題)」で、完璧な御曹司役を演じることが発表されている。

スマートな物腰やビジュアルから、これまでのキャリアは現代劇中心だったが、時代劇初挑戦となった今作で、その実力を証明。まだまだ秘めたポテンシャルを持つヒョソプだけに、キム・ユジョン相手に見せた尊い"ケミ"を存分に堪能したい。

文=酒寄美智子

この記事の画像

放送情報

ホン・チョンギ(原題) 第1・2話無料放送
放送日時:2022年1月14日(金)20:00~(2話連続放送)
※レギュラー放送は2月19日(土)より毎週(土)20:00~(2話連続放送)

チャンネル:スカチャン1(KNTV801)、KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事