梅原裕一郎白井悠介ら、7人の「声優男子」たちが8年間の集大成となる卒業イベントを開催

「声優男子ですが・・・?僕たち、卒業します。~青春の日々にありがとう~」(ファミリー劇場)
「声優男子ですが・・・?僕たち、卒業します。~青春の日々にありがとう~」(ファミリー劇場)

2014年のパイロット版の放送をきっかけにスタートし、今をときめく声優男子が集結するオリジナル番組「声優男子ですが・・・?」が、およそ8年間の歴史にピリオドを打ち、出演メンバー7人の"番組卒業"イベントとなる「声優男子ですが...?僕たち、卒業します。~青春の日々にありがとう~」を開催した。

集大成となる卒業イベントを梅原裕一郎、小林裕介ら「声優男子」が7人揃って開催
集大成となる卒業イベントを梅原裕一郎、小林裕介ら「声優男子」が7人揃って開催

2019年3月までファミリー劇場にて計4シーズンがレギュラー放送され、台湾ロケも敢行。その後「劇場版 声優男子ですが・・・?」でスクリーンデビューを果たし、オリジナルキャラクターによるドラマCDプロジェクトなどさまざまな活動を歩んだ7人の「声優男子」メンバーからの感謝の気持ちを込めた、「卒業」をテーマにしたスペシャルイベントの「昼公演」「夜公演」が、ファミリー劇場で放送される。

今回は、最後を飾る「夜公演」の模様をレポート。

元気よく登壇した7名の声優男子たち、上村祐翔、梅原裕一郎、河本啓佑、小林裕介、白井悠介、本城雄太郎、山本和臣から、まずは挨拶。昼の部から2度目の登壇で「お昼の時ちょっとしんみりしちゃったところがあって」と反省する本城とは対照的に、白井から「夜の部で最後の最後となりますので、やり尽くして華々しく散りたいと思います!」という挨拶に、温かい笑い声と拍手でオープニングは迎えられた。

まずは、『声優男子ですが・・・?』の8年間を振り返るコーナーからスタート。年表や写真・VTRで振り返りつつクイズを出題していく。年表を見ながら、懐かしい声を上げるメンバーたち。夜の部はシーズン3以降の名場面から続々と出題となり、「和の心を学ぼう同好会」「アンドリューのおまかせ!ミステリーツアー」「ダンディクッキング」「台湾に来ちゃったよ!」「ゆるゆる声優男子になろう!」「劇場版 声優男子ですが・・・?」「ドラマCD企画『七人の妖』」から懐かしい映像が続々と流れる。中でも「ダンディクッキング」のぽんちゃん(本城)扮する雄太郎王子のために10分で作れる大人のおつまみをプレゼンする企画で、いちごにサーモンを巻くという独創的なカズー(山本)の料理を食べたぽんちゃんは、ひと言何と言ったか?の回答で、当時を思い出し「ごめんね(笑)自分では美味しいと思ったんだよ」と反省する山本。自分で食べたか問われると「食べてない」と答え、全員からブーイングが。

続いて「復活あのコーナー」としてシーズン3で好評だった「1分美術館」。メンバーの似顔絵をホワイトボードにそれぞれ描いていき「声優男子ですが・・・?卒業写真」を完成させていく。誰が誰を描いているのか秘密のまま、順に描き始める声優男子たちは、観客から「怖い怖い(笑)」と声が上がる中、ホワイトボードの限られたスペースに描いていく。描く直前「近くで見ると酷いな(笑)」と全員の絵に感想を漏らす梅原。そんな梅原も独特なタッチの絵を披露し、会場から笑いが起こる。

次のコーナーは昼の部でも行った「第二ボタン争奪エチュード対決」。昼の部とは逆に、今回は女生徒1人に対して他6人が男子生徒となって告白するエチュードで対決する企画。それぞれの役どころはくじで選ばれ、卒業式に告白するシチュエーションを6人分演じ、女生徒役に選ばれた人が、誰に第二ボタンを渡したくなったかを競うゲーム。女生徒役に選ばれた山本との即興演技が開始される。なぜか切羽詰まった熱演&絶叫する本城、相思相愛な雰囲気を醸し出している2人を演じた小林、先輩に告白するため奔走する後輩を演じた上村、奥手でおどおどしたオタク生徒に扮した梅原、喧嘩でボロボロになりなぜか絶命間近の生徒に扮した河本、謎のデスゲームから脱出するために第二ボタンを渡す使命に燃える生徒に扮した白井と、全員がさまざまなキャラクターを即興で演じきり、まさにステージ上はカオスの状態と化す。それぞれのキャラクターを目の当たりにした山本から、「突拍子もない設定でなく、自然体で演じられた」という寸評で、見事上村が勝利。そして2人で即興劇の続きを披露することに。

そしてイベントも残すところあとわずか。声優男子たちが、お互い向かい合い卒業の感謝の言葉を贈りあう「感謝の言葉」がスタート。その後、スクリーンには、事前にTwitterなどで募集した卒業お祝いメッセージが流れ、イベントはついにフィナーレを迎えた。

最後に「声優男子」の各メンバーからメッセージが贈られ、上村が「本当に積み重ねてきたことの大きさを感じました。番組は終わってしまいますが、7人が頑張っている姿を明るくお届けできたらと思います」、梅原が「いろいろな刺激を受けた8年間でした。終わってしまうのは寂しいですが、たまに思い出していただければと思います」、小林が「本当に(この番組に)参加してよかったと思います。この番組を通して積みあがったものが僕のベースになったと思います」、山本が「こんなに大勢の人たちと8年間かけて作り上げた宝物のような番組だったと思います」、本城が「ずっと楽しい雰囲気でイベントを出来たことを一生忘れないし、みなさまも忘れないでいてほしいなと思います」、白井が「いずれ7人揃って復活して再会することがあったらいいなと思います」、河本が「人生を振り返ったとき、この貴重な経験を絶対忘れないと思いますので、また逢いましょう!」と、今までの感謝を込めて締めくくられ、イベントは幕を閉じた。

放送情報

声優男子ですが・・・?僕たち、卒業します。~青春の日々にありがとう~ 昼公演
放送日時:2023年3月30日(木)23:50~

「声優男子ですが・・・?僕たち、卒業します。~青春の日々にありがとう~ 夜公演
放送日時:2023年3月31日(金)2:00~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事