植田佳奈の声が鳥たちの厳しくも美しい世界に彩りを添える

「Fate/stay night」の遠坂凛、「咲-Saki-」の宮永咲など、人気アニメで数多くのメインキャラクターを務めてきた声優・植田佳奈。明るく艶やかな声で、強気なお嬢さまや控えめだが芯の強い少女をはじめ幅広い役柄を演じ、アニメファンに強い印象を残してきた。

声優として活躍する傍ら、趣味の世界でも精力的に活動していることで知られる植田。特に麻雀に関しては、同じく声優業界きっての麻雀愛好家の小山剛志と共に"声優麻雀大会"を企画・開催するだけでなく、漫画雑誌「近代麻雀」主催の大会「麻雀最強戦」の著名人代表決定戦に参加したこともあるほどだ。他にも、アーケードゲームで世界最大級の格闘ゲームイベント「EVO」で好成績を残すなど、その多才ぶりを披露している。

そんな植田がナレーションを担当する「鳥の惑星」が、ナショジオ ワイルドで放送される。地球上に暮らすさまざまな鳥類の生態を、ハイビジョンカメラで撮影した超高画質映像でつづるこの番組の冒頭で、植田は軽やかな明るい声で視聴者の心を沸き立たせ、驚きに満ちた鳥たちの世界へと視聴者を誘う。

(C)Terra Mater Factual Studios/Light&Shadow/Christian Baumeister

厳寒の雪原で、驚くほど鋭い聴覚を駆使して、雪の下に隠れている野ネズミを空から襲うカラフトフクロウや、水鳥・オオバンの群れを狙うワシなど、猛禽類の狩りの様子を、精細なスローモーション映像で迫る。そこでは、今までに見たことがないような映像に出会うことができるだろう。中でも、カラフトフクロウの羽ばたきの際に揺らめく羽根の優美さや、シベリアマーモットを狙うイヌワシにウェアブルカメラを取り付けて撮影した大迫力の映像に驚きの連続となる視聴者に、植田は少し落ち着いたトーンの穏やかな声で、目の前で起こっている出来事を詳しく説明してくれる。

猛禽類たちの弱肉強食ぶりに焦点を当てた前半から一転し、鳥たちの求愛行動や子育てなど、ほのぼのする映像がメインとなる後半では、植田の声も優しく柔らかな雰囲気になる。3匹のバックダンサーを従えてのエンビセアオマイコドリの情熱的な求愛ダンスや、コウテイペンギンのヒナたちが生まれて初めて海へ飛び込むシーンなどでは、彼女の温かなナレーションが、鳥たちを見守る視聴者の気持ちを代弁してくれていると感じるはずだ。

オリジナル音声は、深く響く低音が魅力の男性ナレーターが担当。それとは正反対ともいえる、植田のはつらつとした個性的な声が彩りを添える日本語版。彼女のナレーションとともに、多彩な鳥たちの生態と、彼らが生きる美しい自然の姿を楽しんでほしい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

鳥の惑星

放送日時:2018年11月4日(日)22:00~

チャンネル:ナショジオ ワイルド

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!