市ノ瀬加那諏訪彩花もドキドキ!?「フェアリーゴーン」第2クールも予想できない!

写真左から、市ノ瀬加那、諏訪彩花
写真左から、市ノ瀬加那、諏訪彩花

動物に憑依することで不思議な力をもたらす"妖精"が存在する世界を舞台にしたオリジナルTVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」。物語は、妖精を兵器として操る兵士"妖精兵"たちが猛威を振るった戦争から9年後。未だ不安定な政治情勢の中で生きる妖精兵たちの姿を描く。

スタイリッシュな映像や音楽、さまざまな策略が渦巻く先読み不能な物語が高く評価された本作の第2クールが、10月に放送されることが決定。今回は、違法妖精取締機関「ドロテア」第一部隊隊員で主人公のマーリヤを演じる市ノ瀬加那と、その同僚・クラーラ役の諏訪彩花が第1クールを振り返る。

――第1クールを振り返っての感想をお願いします。

市ノ瀬「オリジナル作品なので先の展開が分からない上に、戦闘シーンが多いため、いつ仲間がどうなるかが分からない緊張感がありますが、戦闘シーンと音楽との融合が素晴らしくて、スタイリッシュだなと思いました。第1クールは、オズが亡くなった第10話が心に残っています。とても悲しい話でしたが、そこから仲間と団結し、これからの方向性や道筋みたいなものが見えてきた回でもありました。第2クールの展開もまったく予想がつかないので、とても楽しみにしています」

諏訪「仲間と共に戦ってきましたが、全員が一緒にいる時は意外と少なくて、それぞれ自分のできることを必死に頑張ってきたなと思います。私もオズがリスカーとの戦いで命を落としたシーンでは、『戦争ってこういうことなんだ』という思いが心にずしりと来ました。暗躍している人たち全員に動きがあって、それがどんなふうに私たちドロテアのメンバーと交差して、どんな事件がこれから起きていくのかドキドキしています。でも、この1クールの中で築いてきた絆で、乗り越えていけたらいいなと思います」

市ノ瀬加那演じるマーリヤ・ノエル

(C)2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

――ご自身が演じるキャラクターの第2クールへの期待などをお聞かせください

市ノ瀬「マーリヤは過去というか背負っているものがすごく大きい子ですが、第10話あたりから自分自身との向き合い方が少しずつ変わってきた印象があります。ずっと背負ってきた重荷である"災いの子"という思いを、まだ完全には下ろせてはいないですが、回を重ねていくごとに仲間との絆が深まって、今後、その思いをなくすことができたらいいなって思います」

諏訪「クラーラは初登場の時はもっとお堅い感じで、あまりみんなと馴れ合わない子なのかなって思っていたんですけど、ストーリーが進むにつれて『彼女も結構こういう気の抜けた表情を見せるんだ』と思うようなシーンも出てきました。そういった普段の『真面目』や『委員長』みたいな印象から、ちょっと違った彼女の素の感じが見られるところが今後もあったら面白いなと思います。あと、彼女の妖精・トメリーズも活躍してくれたらうれしいですね」

諏訪彩花演じるクラーラ・キセナリア

(C)2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

――ご自身のキャラクター以外では誰を演じてみたいですか?

市ノ瀬「大塚芳忠さんが演じられている、妖精省次官のマルコですね。大塚さんの声帯があったら演じたいですね。一言では語り尽くせないほど表と裏の境が分かりにくいキャラクターで、何かを企んでいるような感じに、とても臨場感があるんです。もし男性に生まれ変わったら、マルコのような役を演じてみたいですね」

諏訪「いつもマーリヤのそばにいる小動物のチマと、どっちがいいか迷ったんですけど...チマは無理そうなので(笑)、江川央生さん演じるリスカーですね。クラーラたちドロテアのメンバーにとっては、オズの命を奪った宿敵ではあるんですけど、敵に向かって『小石が』っていう決めゼリフを言ってみたいです(笑)。あの渋い感じが敵ながらカッコイイなって思います」

――最後に、第2クールを楽しみにしているファンの方へメッセージをお願いします。

市ノ瀬「今までは"黒の妖精書"をめぐって争っていたのが、対妖精戦闘用の強力な"妖精武器"の登場によってさらに激しく、そして妖精との戦い方も変わってくるんじゃないかなって思います。私も台本をもらうたびに、物語がどうなっていくのかワクワクしていますし、何気ないカットにも今後の展開につながる要素が潜んでいるかもしれないので、じっくり見ていただけるとうれしいです」

諏訪「それぞれの動きが徐々に激しくなって、それが1つに集約しそうな気がしています。きっとそこでも激しい戦いが起こると思いますが、みんなで乗り越えてハッピーエンドになったらいいなって思います。オズが死んだのが本当につらかったので、これ以上誰も死なせないために、クラーラたちが頑張れるよう応援をお願いします」

文=中村実香 撮影=神保達也

この記事の画像

放送情報

Fairy gone フェアリーゴーン
2019年10月より第2クール放送

市ノ瀬加那・諏訪彩花の
スカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!