生配信で見せたi☆Risらしさ&メンバー6人が語るライブに向けた今の心境

写真前列左から、久保田未夢、若井友希、茜屋日海夏、後列左から、山北早紀、芹澤優、澁谷梓希
写真前列左から、久保田未夢、若井友希、茜屋日海夏、後列左から、山北早紀、芹澤優、澁谷梓希

2020年7月に結成8周年を迎えた、山北早紀、芹澤優、茜屋日海夏、若井友希、久保田未夢、澁谷梓希による、声優とアイドルの活動を両立するハイブリッドユニット・i☆Ris。そんな彼女たちを3ヶ月連続で推してきたアニマックスでは、2月14日に視聴者参加型のライブ同時視聴会「i☆Risと"究極の未体験"!6人揃ってファンと8周年の集い!!」を開催。『i☆Ris 8th Anniversary Live ~88888888~【昼の部】 ANIMAX Special Edition』の放送と同日同時刻にi☆Risメンバー全員がアニマックスプレミアムVODに生出演し、ライブの思い出を語ったり、バレンタインデーにちなんだ企画や山北の誕生日をサプライズで祝った。今回、メンバー6人にインタビューを行い、生配信の感想などを聞いた。

――生配信のご感想をお聞かせください。

山北「原点に戻った気がします。特に昨年1年はメンバー6人がそろって仕事をする機会が少なかったので、こうやって8周年記念ライブをみんなで見ることができて、エモい会だなとすごく感じます。あと、お誕生日を祝ってくださってありがとうございました」

芹澤「楽しかったです。こうやってわちゃわちゃして、私たちが楽しんでいる姿をファンの皆さんがご覧になって『この雰囲気、i☆Risだな』って思ってもらえていたらいいな。この6人の雰囲気が好きな方が、それを感じてもらえていたら嬉しいです」

茜屋「6人で集まって生コメントをするのが『i☆Ris 6th Anniversary Live ~Lock on(ハート)無理なんて言わせないっ!~』のイベントの時以来だったと思うので、懐かしい気持ちになりました。オンラインでのイベントが主流になってきている中で、あの頃とは違う気持ちで、いい意味で肩の力を抜いて楽しむことができたと思います」

若井「気負うことなくリラックスして、いつも通りの感じで楽しめるのはi☆Risしかいないと思うので、そういう楽しい雰囲気が出ていたと思います。即興劇の時は、みんなうまくなったな...と。昔、みんなで即興劇をやった時にオチがつかなさ過ぎて大変なことになった記憶が残っていて、今回はみんなそれぞれオチをつけてまとめていたので、生配信中にすごいなって思いました」

久保田「何周年ものはアニバーサリーライブをやって終わりというのが少なくない中で、こうしてまた振り返りながらお話できるのはすごく楽しかったです。ご覧になってくださったファンの皆さんにとっては、どこ見たらいいのか、どのタイミングでコメントしたらいいのか、大変だったと思うんですけど、昨年1年間、i☆Risの活動がすごく少なかったので、これくらい供給しても堪能してくれるかなって。一緒に盛り上がることができて楽しかったです」

澁谷「(3月31日の)卒業の日が迫ってくる中で、こうして6人で並ぶことができて、私もすごく思い出に残りますし、ファンの皆さんも『もっともっと6人のi☆Risが見たい!』という気持ちになると思うので、そういう機会を用意してくださって本当に感謝の気持ちでいっぱいです。あと、みんなでふざけ合えるのってすごくいいなと思いました。突拍子もないことを言っても、誰かが回収してくれて、取っ散らかっても許されるのは、このメンバーだからだと思うので、すごくすごく楽しかったです」

――アニマックスでの3ヶ月連続特集をお聞きになった際の感想をお聞かせください。

澁谷「ありがたいですよね」

芹澤「ヤバ!って思いました。私たちでいいんですか?って」

若井「『アニマックスはi☆Ris推しです!』のTVスポット映像を見て、そんな...恐縮ですみたいな」

澁谷「Twitterでも、よくプロモーションが流れてくるんですよ。すごい数打ってくださっていて、私も思わずアニマックスプレミアムVODに加入しました。みんなも加入するといいよってツイートもしました。こんなにもたくさんのコンテンツがある配信サービスの中で、3ヶ月も特集していただけるのは本当にありがたいなと思いました」

芹澤「よっぴー(ニッポン放送の吉田尚記アナウンサー)さんの番組『変態音響監督の神声プロデュース!』にも生出演させていただき、嬉しかったです。私たちが特集していただけることに感動しました。本当にありがとうございます。よっぴーさんと萌えゼリフのコーナーをやったり、パーソナルなことを聞いていただいた番組『Close-Up Voice』も、デビューから8年も経つと改めてそういう話をすることもないので、とってもいい機会になったと思います」

茜屋「ANIMAX MUSIXには最初の頃からずっとi☆Risは出演させていただき、一緒に歩ませていただいている歴史があるので、私たちのどこに特集される要素があるのかなって思いつつも本当に感慨深いです。右も左も分からない頃からお世話になっているので、ありがたいなという気持ちです」

山北「アニマックスさんの現場は毎回楽しいんですよ。ANIMAX MUSIXのパンフレット撮影やライブ本番の時も、みんなが楽しんで仕事しているのがすごく伝わってきて大好きな現場だから、そのアニマックスさんに推されている喜びを感じます。8周年もやっていると、そんなにピックアップされることも、なかなかなくなってくるタイミングで注目していただけたのが嬉しいので、ここからi☆Risにハマってくださる方がいるといいですね」

――ファンの皆さんへメッセージをお願いします。

澁谷「貴重な時間を大事にするのは、私だけじゃなくメンバーも、8周年記念ライブ同時試聴会をご覧になってくださったみんなもそうだと思うんですけど、一日一日をそれぞれがそれぞれの思いで大事にして、6人のi☆Risを精いっぱい私も楽しみますし、皆さんも楽しんでほしいなと思います」

久保田「i☆Risが好きで、もう一度8周年ライブを見直そうという方も、何気なく見てくださる方も、フェスとかで見たことあるからi☆Risって名前だけ知っているという方も、今回の生コメンタリーは私たちの内面や普段の感じがすごく出ていたと思うので、ステージ以外でわちゃわちゃしている6人をぜひ楽しんでください」

若井「8周年ライブも3月5日から8月までアニマックスプレミアムVODで配信されるということで、昼公演はブルーレイやDVDに収録されていないし、昼にしかやっていない曲もありますので、ぜひVODで楽しんでください。3月28日(日)のパシフィコ横浜国立大ホールでのライブ『i☆Ris LIVE 2021 ~storiez~』もアニマックスさんで独占生放送します。お得だらけということで、これを機にi☆Risを好きになっていただけたら嬉しいなと思います」

茜屋「今回ありがたいことに特集を組んでいただいて、こうして6人で皆さんの前に出ることができたので、これから5人になってしまいますが、6人のi☆RisはVODでまだまだ見ることができますので、ぜひ何度も見てください。初めてi☆Risを知った方は、これからも応援よろしくお願いします」

芹澤「同時試聴会では、即興劇で『優男』というキャラを演じた、かなり力の抜けた私が見られるんですけど、3月28日(日)のライブではキラキラアイドル☆優ちゃん、キラキラアイドルi☆Risが見られますので、i☆Risちゃんのいいところを全部知るならアニマックスプレミアムVODということで、よろしくお願いします」

山北「8周年ライブとともに今回の同時試聴会が半年間アーカイブ配信されるのは、すごく嬉しいですね。ずっちゃん(澁谷)が卒業するライブまでに、8周年ライブを見返して曲のおさらいをしてほしいです。それに5人のi☆Risになってもしばらく見ることができるので、すごく貴重だと思います。DVD化されない映像なので、何度も見てください」

文=中村実香 撮影=永田正雄

この記事の画像

放送情報

i☆Ris LIVE 2021 ~storiez~
放送日時:2021年3月28日(日)18:00~ ※生放送
チャンネル:アニマックス
※放送スケジュールは変更になる場合があります
※アニマックスプレミアムVODにご加入していると、アニマックスの放送もそのまま追加料金無しでご覧いただけます


<配信情報>
i☆Ris 8th Anniversary Live ~88888888~【昼の部】 ANIMAX Special Edition
※3月5日~配信開始
・i☆Risと“究極の未体験”!6人揃ってファンと8周年の集い!!
・Close-Up Voice ゲストi☆Ris独占インタビュー
・変態音響監督の神声プロデュース! ゲストi☆Risによる言ってほしいセリフ
・ミューコミプラスTV 第41話 ゲスト:i☆Ris(山北早紀、茜屋日海夏、澁谷梓希)
・ANIMAX MUSIX 2021 ONLINE supported by U-NEXT(DAY1)
詳しくは、アニマックスプレミアムVOD「3ヶ月連続i☆Risスペシャル」ページ

i☆Risのスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!