第1話のゲストキャラ日本語吹替は諸星すみれ!「アドベンチャー・タイム」のスピンオフが日本初放送

「アドベンチャー・タイム:遥か遠い世界で」第1話 宇宙のビーモ TM & © 2021 Cartoon Network

アニメ「アドベンチャー・タイム」のスピンオフシリーズ<原題:Adventure Time: Distant Lands>を「アドベンチャー・タイム:遥か遠い世界で」として日本での放送が決定した。第1話「宇宙のビーモ」は5月1日(土)午後7時から日本初放送される。

「アドベンチャー・タイム」は、少年フィンと親友ジェイクが、不思議な大陸・ウーで冒険を繰り広げる全142話のカートゥーン ネットワーク オリジナルのアニメ。2010年にアメリカでスタートしてから世界各国で大人気となり、日本では2012年5月から放送開始。個性的なキャラクター達との思いもよらない出来事、過去・未来・宇宙・別次元など、隠された伏線とともに壮大なストーリーが展開される。

「アドベンチャー・タイム:遥か遠い世界で」<原題:Adventure Time: Distant Lands>は、2020年に全米で公開された全4話のスピンオフシリーズ。第1話「宇宙のビーモ」<原題:BMO>では、宇宙を旅するビーモが若き科学者ワイファイブとの出会いからストーリーが動き出す。

第1話「宇宙のビーモ」<原題:BMO>のあらすじは、宇宙を旅するビーモは小さなロボットと出会い、ドリフトという名の宇宙ステーションへ連れて行かれる。ドリフトが問題を抱えていることを知ったビーモは自ら保安官を名乗り、若き科学者ワイファイブ を副保安官に任命して解決にあたるが、実はワイファイブにはビーモに言えないミッションがあった――と気になる内容となっている。

ストーリーの鍵を握るワイファイブの日本語吹替えを声優・諸星すみれが担当することが決定。第1話「宇宙のビーモ」の日本初放送を記念して諸星すみれからコメントが届いた。

「アドベンチャー・タイム:遥か遠い世界で」

TM & © 2021 Cartoon Network

■ 「アドベンチャー・タイム:遥か遠い世界で」諸星すみれ コメント

――ワイファイブ役での出演が決まった時のお気持ちは?

台本を読んだだけでは作品の世界観やキャラクターなどのイメージが全然掴めなくて、初めてVTRを観るときにすごくワクワクしたのを覚えています。吹き替えでは自分の想像の中だけでは生まれないようなお芝居に導いてもらっている感じがするので、ワイファイブを通してどんな新しい自分と出会えるのか楽しみでした。

――作品の見所は?

キャラクターそれぞれの個性が豊かなので、それだけでも観ていて面白いです。映像やストーリーは一見子供向けアニメのような分かりやすさがありますが、その中にもこの作品にしかない不思議な表現があったり、年代問わずグッと来る台詞や展開があったりするのが素敵で、見所だと思いました。

――ご覧になる方へのメッセージ

今回、ワイファイブ役でこの作品に出演することができてとても嬉しいです。彼女のナチュラルで純粋な可愛らしさと強さを、私なりに精一杯演じました。この作品が持つ独特なエネルギーに魅了されながらの収録は本当に楽しかったです。ぜひたくさんの方に観ていただけたら嬉しいです!

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

アドベンチャー・タイム:遥か遠い世界で <原題:Adventure Time: Distant Lands>
放送日時:2021年5月1日(土)19:00~
チャンネル:海外アニメ!カートゥーン ネットワーク
※放送スケジュールは変更となる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!