伊藤美来「寝ることが好き」、東山奈央「人見知り」など、人気声優4人の歌声に加えて素顔も!

女性声優たちの"素顔"に迫るビジュアルブック「My Girl」の刊行5周年を記念して、昨年新たに立ち上がったアニソンフェス「EJ ANIME MUSIC FESTIVAL」とのコラボレーションが実現。6月19日、20日の2日間にわたり、アーティストとしても活躍する女性声優8人によるライブイベント「EJ MyGirl Festival 2021」が千葉・舞浜アンフィシアターで行われた。今回は、伊藤美来、斉藤朱夏、芹澤優、東山奈央の4人と司会の天津 向が出演した【DAY1】の模様をリポート。ライブパフォーマンスに加え、本イベントのために書き下ろしたオリジナルストーリーの朗読劇やトークコーナーと、盛りだくさんなイベントとなった。

東山奈央

開演と同時に、東山の迫力ある歌声からスタート。明るいポップナンバーの「イマココ」で自分の世界へ観客を引き込むと、和ロック調の「灯火のまにまに」で雰囲気をがらりと変え、こぶしを振り上げてファンを盛り上げた。さらに、5月にリリースしたばかりのコンセプトミニアルバム『off』から「グー」を熱唱すると、ラストは「群青インフィニティ」を披露。楽曲の振りをファンと共に合わせ、「ありがとう」と感謝を告げた。

ライブ後のトークコーナーで、素顔についての質問に「もともとは人見知りで普通の人間」と答えた東山は、「ステージ上にいることで元気をもらえている気がします」とファンにあらためて感謝した。オフの時は、日頃から出演アニメの原作を読み込んで過ごしていることを明かすと、「空いた時間は仕事の精度を上げる時間に充てたい」と思いを告白。そんな東山に、まとまった休みがあったら行ってみたい場所は、という質問が飛ぶと「日本海側に行きたい。魚がおいしいので日本酒と合わせると最高!」と答え、東山らしい回答に会場から拍手が送られた。

斉藤朱夏

続くライブパートに斉藤が登場。衣装と同じ赤色のペンライトが場内を包む中、アップテンポな曲「パパパ」で観客の視線を引きつけると、迫力のある声量で場内を沸かしたまま「Your Way My Way」「しゅしゅしゅ」と立て続けに披露した。圧巻のパフォーマンスで存在感を放つも、歌唱後には「楽しくて動き過ぎた」と満面の笑顔。ラストは大自然の映像をバックに、こぶしを振り上げながら「セカイノハテ」を全力で歌い上げた。

そんな姿に、トークコーナーで司会の向から「可愛くてカッコイイ」と賞賛されると、「観客のいるフェスに出るのは初めてで緊張しました」と本音を告白。しかし、「皆さんとの距離が近いので嬉しい」と観客に手を振りながら喜びを語った。オフについて聞かれると「割と適当ですよ。常に脱力状態」と、ライブで見せる姿とは真逆であることを打ち明け、「考え過ぎると頭が固くなってしまうので、家にいる時は休むようにしています」と普段の心掛けを語った。

オリジナル朗読劇のコーナーでは、主人公のOLを東山、天使を芹澤、死神を伊藤、ピザ屋でバイト中の占い師を斉藤がそれぞれ熱演。この世を悲観したOLが天使や死神らと出会い、人生を見つめ直していくストーリーを、4人がリズミカルなテンポで面白おかしく演じ、会場を笑顔にした。見事な掛け合いで最後まで観客を引き込み、最後は大きな拍手が送られた。

芹澤優

イベント後半に突入し、TVアニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω」のオープニング曲「EVERYBODY! EVERYBODY!」を歌う芹澤がステージへ。軽快なメロディーとともにキレのあるダンスで、会場を一気に盛り上げた。「この曲をお客さんの前で歌うのは初めてでした」と嬉しそうに明かし、同じくエンディング曲「YOU YOU YOU」も披露。可愛い振り付けで観客を魅了すると、「デビきゅー」「最悪な日でもあなたが好き。」と続け、ステージ上を駆け回りながら歌い上げた。

歌い終わった芹澤が、乱れた前髪を気にして「整ってますか?」と確かめるように向の方へ向き直ると「僕、鏡じゃないので」とツッコみが入り、会場からは笑いが。前髪を気にする癖があるという芹澤は、「高校生の時から直らないんです」と告白。それを聞いた向からトークコーナー中は髪を触ることを禁止されるも早々に触り、あえなく失敗。一方、部屋をきれいにするコツを聞かれ、「自分を物語の主人公だと思うようにしています」と発言。「例えばプリンセスだったら、きれいな部屋に住んでいるはず」とモチベーションを高める持論を展開した。

伊藤美来

ライブパート最後は伊藤が登場し、これまでの3人とは雰囲気の違う柔らかな歌声で「Shocking Blue」「all yours」「閃きハートビートで」を熱唱。バックダンサーとともに息の合った踊りを披露すると「フェスの最後を任せてもらえる日が来るとは思わなかったので、ずっとドキドキしていました」と心境を吐露。そして、会場から手拍子とともにTVアニメ「戦闘員、派遣します!」のオープニング曲「No.6」を、アニメの映像を背に届けた。

トークコーナーでは、自身の素顔について「寝ることが好きで、家の中ではだらんとしています。誰かに誘われないと外に出ない」と告白。そんな伊藤に、斉藤からの「どうやって自分の中のものを伝えていますか」という質問が紹介されると、「自分の好きなものを頻繁に口に出すようになりました」と打ち明け、「自分1人ではできない仕事なので、周りの大人の方にできるだけ伝えるようにしています」と自身の考えを明かした。

その後、カバーコーナーで「Super Driver」を歌った芹澤が『「涼宮ハルヒの憂鬱」が声優を目指した私の原点』とコメントし、斉藤は「できっこないを やらなくちゃ」を歌い、「コロナ禍でよく聴くようになった1曲。この曲を聴いて猛ダッシュしています」と思いを明かした。一方、伊藤は「アーティストとしてターニングポイントになった曲」として「fantastic dreamer」を披露し、東山は「小さい時から大好きで聴いていた曲。同じ所属レーベルの先輩・坂本真綾さんの持ち歌で縁を感じています」と語り、「プラチナ」を熱唱した。

クライマックスが近づき、イベントを振り返って斎藤は「初めて私を知った方もいると思いますが、この機会に顔と名前を憶えていただけたら嬉しいです」とコメント。伊藤が「とても距離の近い会場でドキドキしました。フェスですが朗読劇もあったりして楽しかったです」と感想を口にすると、東山は「なかなかお会いできる機会がない中で、すごく特別な時間になりました。舞台裏にいても楽しい1日でした」と振り返った。そして、芹澤は「1曲目から高いテンションの曲を歌いましたが、一緒に楽しんでくれて嬉しかったです。また出たい!」と思いを語った。最後に、4人全員でTVアニメ「のんのんびより りぴーと」のエンディング曲「おかえり」を笑顔で歌い上げ、ステージの幕を閉じた。そして、次回「EJ My Girl Festival 2022」が、2022年3月5日(土)、6日(日)に、場所は同じく千葉・舞浜アンフィシアターで開催されることも発表された。

文=永田正雄 撮影=山内洋枝(PROGRESS-M)、青木早霞(PROGRESS-M)

この記事の画像

イベント情報

EJ My Girl Festival 2021
開催日:2021年6月19日(土)、20日(日)
開催場所:千葉・舞浜アンフィシアター

伊藤美来、東山奈央の
スカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!