Machicoが新曲で新たな一面を見せる「きっと驚かれるんじゃないかな?」

声優として「ウマ娘 プリティーダービー」のトウカイテイオー役などを演じる一方、「この素晴らしい世界に祝福を!」をはじめ、さまざまな作品の主題歌を担当しているアーティストのMachicoが、約2年ぶりとなる自身の名義でのニューシングル「ENISHI」を1月12日(水)にリリース。本作はTVアニメ「幻想三國誌 天元霊心記」のオープニングテーマにもなっており、オリエンタルな雰囲が漂う楽曲となっている。今回は、彼女に楽曲への思いなどを聞いた。

――まずは「ENISHI」の第一印象を教えてください。

「メジャーコードの楽曲も好きなんですけど、暗さがある楽曲の方が個人的には好きなので、自分好みの楽曲だなと感じました。まさかタイアップでクール系の楽曲を歌わせていただけるとは思わなかったので、自分の新たな一面をアニメファンの方たちに提示できる作品だなと思いました」

――アニメ作品でMachicoさんが普段歌われている楽曲とは全然違う曲調ですね。

「アニメで私の楽曲を知ってくださっている方は、Machico=笑顔が似合うような爽やかで疾走感がある明るい楽曲というイメージが強いと思うんです。アーティストとしての私を知っている方は、ロック系のダーク寄りな曲調が好みであることを知ってくれているんですけど、やっぱり世間的には明るいイメージなので。そういう方たちは『Machicoってこういう曲も歌うの?』って、きっと驚かれるんじゃないかなと思います」

――楽曲を歌う上でどのようなことを意識されましたか?

「その作品を思わせるような歌い方でアプローチするというのが念頭にあって、今回は壮大な感じにしたいという思いで作られた楽曲だと聞いていたので、世界観を出せるような表現の仕方を意識しました。そういう歌い方は私にとって初めてだったので、とにかく自分の中で歌詞を感じたままに歌うのがきっと正解なんだろうなと思いながら、今まで以上に情景やイメージを大切にしながら歌わせていただきました」

――レコーディングに向けて取り組んだことを教えてください。

「今回は、レコーディングの前日にスタジオで個人練習をしました。今まではずっと家で練習をしてからレコーディングに臨んでいたんですけど、ライブに近い感覚で練習をしたら、翌日のレコーディングが全然違うことに驚きました。家だと声の大きさを制限したり、レコーディングブースでもマイクに届けることを意識してしまうので声に広がりが出なくて。スタジオはライブ会場の感覚で歌えるので自然と声色にも乗って、そのままレコーディングでも歌うことができました」

――レコーディングでのルーティンなどはありますか?

「歌いながらストレッチですかね(笑)。家でストレッチをしてからではなく、どの現場に行ってもブースに入ってから音調整の間にアキレス腱を伸ばしたり、間奏の間に肩のストレッチをしたり。体を温めてからレコーディングに臨みます」

――他にもされていることはありますか?

「譜面台は絶対左ですね。左にないと歌詞が見られないんですよ。人によって右か左で分かれるところだと思うんですけど。だから、アフレコ現場で台本を持つのも左ですね。利き手は右なんですけど、ものを読む時は左が多いです。右にあるとパニックになっちゃうんですよね...首が右に曲がりづらいだけかもしれないですけど(笑)」

――カップリング曲「向こう見ずFORWARD」の聴きどころも教えてください。

「サウンドは、今までの中で一番ゴリゴリのロックサウンドで激しいです。でも、歌詞を書いてくださったのが、これまでもお世話になっている作詞家の森由里子さんだったので、サウンドはロックだけど歌詞は優しいというギャップが生まれて、Machicoらしさが出た楽曲になったと思います。この曲は、ライブの時に生バンドでやりたいですね」

――歌詞の中で、心に残ったフレーズはありますか?

「『ENISHI』は、2番のBメロ『「強くあるために」誰も見捨てない』というフレーズがすごく好きです。自分の意志を貫くにはある程度の犠牲が必要ですけど、仕方ないと思ってしまう犠牲さえも守りながら何かをやり遂げる、という意志が歌詞から強く感じられて。自分もそんなふうに考えたり、そういう人になれたらすごくステキだろうなと思います」

「『向こう見ずFORWARD』は、全体的にありのままの自分を肯定してくれる歌詞が多いんですけど、サビの『生きることは冒険』という部分はハッとしました。冒険といえば準備して立ち向かう過程を想像するんですけど、ただ生きているだけで冒険はある、という言葉に確かに言われてみればと思って。朝起きてからここに来るまでだって、きっと冒険だったんだろうなと思うと、毎日が楽しくなる気がするんです。」

――ファンの方へメッセージをお願いします。

「Machico名義として約2年ぶりのシングルに収録される新曲「ENISHI」は、壮大な世界観の楽曲です。いろんな経験をして成長した私の姿を感じてもらえる一枚になっています。曲を聴いて、ぜひ進化したアーティストMachicoを感じていただけたら嬉しいです」

文・撮影=永田正雄

この記事の画像

リリース情報

ENISHI
発売日:2022年1月12日(水)
※TVアニメ「幻想三國誌 天元霊心記」オープニングテーマ


<ライブ情報>
Machicoアーティストデビュー10周年記念ライブ
開催日:2022年5月22日(日)
会場:昭和女子大学 人見記念講堂

人気声優のスカパー!出演情報はこちら

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事