大沢たかお石田ゆり子が繊細な演技で表現する恋人同士の思いに涙必至の映画「解夏」

「解夏」に出演する大沢たかおと石田ゆり子
「解夏」に出演する大沢たかおと石田ゆり子

(C)2003 フジテレビ 幻冬舎 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

子供たちに慕われている小学校の教師・隆之は、ある時、経験したことのない発作に襲われる。医師をしている同郷の幼なじみ(古田新太)のもとを訪ねると「ベーチェット病」だと診断され、失明する可能性があることを告げられる。病の宣告を受けて教師を辞めることにした隆之は、モンゴルにいる恋人の陽子には連絡をとらず、自身の恩師でもある陽子の父親(林隆三)には本当のことを告げてから、母(富司純子)の暮らす故郷の長崎に帰ることを決める。

そんな中、父親から隆之の病気のことを知らされた陽子は日本に飛んで帰るが、陽子の夢を壊すわけにはいかないと荷物をまとめている隆之に「私の幸せを勝手に決めないでよ!」と激怒して出ていってしまう。しかし、水臭い恋人を放っておけない陽子。長崎で友人たちに会う日々を過ごしている隆之のもとを訪ね、「あなたの目になりたい」と隆之を抱きしめる。信じがたい事実を受け入れて、隆之と共に過ごす覚悟を決めた陽子と、愛する人の足でまといにはなりたくないと葛藤する隆之。長崎の海や寺を2人で歩き、高台から見える風景を陽子に教えたいと思っても、すでに隆之の視界にはモヤがかかり始めていた。雨が降ってきて土砂降りの中、階段から落ちてしまった隆之が、陽子の手を振り払い「1人にしてくれ!」と叫ぶシーンは一際切なく、胸が痛くなる。「相手に幸せになってほしい」「弱っていく自分の姿を見せたくない」と思うからこそ苦しむ主人公の心情を大沢が豊かな演技力で表し、好きだからこそ寄り添いたいと願う陽子の愛の深さを石田が表現している。

■徐々に眼が見えなくなる過程を細やかな演技で大沢が見せる

母親にも陽子にも自分の病気のことを明かさなかった隆之が心を開いた人物が、寺を訪ねた時に出会った老僧であり、大学で郷土史を教えている林先生(松村達雄)だ。視力を失う病気を患っていると話す隆之に「解夏」という言葉の意味を教え、「失明した瞬間に恐怖からは解放される。その時が隆之にとっての解夏だ」と穏やかな口調で話してくれたことがきっかけとなり、その後も隆之は彼のもとを訪ねるようになる。

林先生の自宅の庭の椅子の位置を手で確かめるようにして座る仕草、坂道と階段の多い長崎の街を歩く時の動作など、徐々に視力が落ちていく主人公の日常を大沢は細やかでリアルな演技で見せる。

ラブストーリーの枠にはおさまらない深いテーマが、観る人の心に余韻を残す作品だ。

文=山本弘子

放送情報

解夏
放送日時:2023年2月13日(月)21:00~
チャンネル:WOWOWシネマ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

大沢たかお・石田ゆり子の放送情報は
スカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事