藤原竜也&竹内涼真が撮影を回顧!「半年間ずっと一緒にいて、いい相棒になれた」

写真左から藤原竜也、竹内涼真
写真左から藤原竜也、竹内涼真

国家をまたにかけて暗躍する諜報組織「AN通信」のエージェントが、巨大な陰謀に立ち向かう姿を描く吉田修一ストーリー原案の「連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-」が、5月24日(日)よりWOWOWプライムにて放送される。

今回、心臓に爆弾が埋め込まれ、24時間以内にミッションを遂行し、本部へ連絡しないと爆死してしまう過酷な運命を背負った鷹野一彦と田岡亮一を演じた藤原竜也と竹内涼真にインタビューを敢行。撮影を振り返ってもらった。

大変だったという撮影を振り返った藤原竜也と竹内涼真

――出演が決まった時はどんな心境でしたか?

藤原竜也(以下、藤原) 「まずは非常に大変だろうと思いました。クランクインに向けてブルガリアに向かう飛行機のフライト直前まで悩みまして、なぜ引き受けてしまったのか、乗り掛かった船とはいえ今からでもなんとかならないものだろうかと戸惑っていましたね(笑)」

竹内涼真(以下、竹内)「羽住監督の作品はこの世界に入る前から映画館に見に行っていて、いつかご一緒したいと思っていたので、嬉しかったですね。それに、壮大なアクションは自分的にもやってみたかったので、このタイミングで竜也さんと一緒にバディとしてやれるというのを、撮影前からすごく楽しみにしていました。僕は竜也さんよりちょっと先にブルガリアに入っていて、体づくりのために1ヶ月だけ会員になるジムを見つけたりしていました」

藤原「僕がブルガリアのホテルに着くと、そこにトレーニング後の爽やかな汗をかいてキラキラした涼真が登場するわけです。『おはようございます、竜也さん。これからトレーニング行きますか?』って(笑)」

「連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-」より

(c)吉田修一/幻冬舎 (c)2020 WOWOW

――同時制作の映画も含めて今回初共演してみて、お互いにどんな印象を持ちましたか?

藤原「涼真には強いエネルギーと勢いがありました。これだけの大作で連日アクションを撮っていると、僕一人であれば多少なりの不満を口にしたり、現場との駆け引きが少なからずあったと思います(笑)。でも、涼真が隣で嫌な顔をせずにアクションをやって、自分もやらざるを得ない状況に持って行ってくれたので、彼の存在は非常に大きかったですね。作中でも涼真演じる田岡に鷹野が引っ張られたというシーンはたくさんあります」

竹内「竜也さんのことは、舞台やテレビでたくさん拝見してましたが、事務所の先輩ですし、どういう方なんだろうと思っていました。撮影期間中は一緒にトレーニングしたりご飯にも連れて行ってもらったりと、同じ生活をしていたので、兄貴のような存在でした。頭の回転の速さだったり、その場の状況を瞬時に察知して周りを動かすという意味では、鷹野と竜也さんで共通する部分かもしれません。でも鷹野は表向きにはダメなところを見せませんが、竜也さんは酔っ払ったらただのおじさん(笑)。そこは鷹野とは違いましたね」

藤原「涼真が今言ったように、半年間ずっと一緒にいましたから。結果として、いい相棒というか、鷹野・田岡のようになれたんじゃないかなと思います」

この記事の画像

放送情報

連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-
放送日時:2020年5月24日(日)22:00~
チャンネル:WOWOWプライム
※第1話無料放送
※放送スケジュールは変更になる場合があります

<映画版>「太陽は動かない」近日公開

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!