歴代朝ドラの中でも人気は抜群!有村架純が演じた等身大な女性像

「連続テレビ小説 ひよっこ」
「連続テレビ小説 ひよっこ」

(C)NHK

集団就職で上京した"金の卵"谷田部みね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記「連続テレビ小説 ひよっこ」。有村架純が主演を務めたこの番組が、11月23日(月)からチャンネル銀河にてCS初放送される。

「連続テレビ小説 ひよっこ」

(C)NHK

東京オリンピックが開催された1964年。高度成長期の真っただ中で、日本の発展を支えた名もなき人々を描く物語。茨城県北西部の村に生まれ、集団就職で上京したヒロイン・谷田部みね子の成長が綴られる。連続テレビ小説100作目を節目にNHKが一般視聴者から募集した「あなたの<イチオシ朝ドラ>投票ランキング」(2019年)で3位に輝き、放送終了後もその人気は衰えず、続編となる「ひよっこ2」(2019年)がスペシャルドラマとして放送された。

近年は"女性の一代記"を描くことが多い朝ドラの中で、何かを成し遂げるわけでなく、ただ一生懸命に生きるヒロイン像を描いたことでも話題を集めた本作。東京を遠い世界と思っていたみね子は、高校を卒業したら農家の仕事を手伝って家族を楽させてあげたいと思っていた。しかし、父親が東京に出稼ぎに行ったまま帰ってこなくなったことで、みね子の人生は一変。集団就職で上京することになると、多くの友人や仲間たちとの様々な出会いと別れを経験しながら、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。

「連続テレビ小説 ひよっこ」

(C)NHK

連続テレビ小説「あまちゃん」以来の朝ドラ出演となった有村架純。高い演技力と穏やかな佇まいで魅力たっぷりに演じ、多くの視聴者の心を惹きつけた。このキャスティングは、脚本を務めた岡田惠和の希望でもあったという。

「連続テレビ小説 ひよっこ」

(C)NHK

さらに、朝ドラならではともいえる若手俳優たちの活躍も注目。みね子の初めての恋人となる大企業の御曹司・島谷純一郎を演じた竹内涼真は、物語から姿を消した際の、ネット上での"島谷ロス"が話題になった。その他にも「すずふり亭」の見習いコック・前田秀俊を演じた磯村勇斗や、「乙女寮」メンバーの佐久間由衣、松本穂香、藤野涼子、光男に恋する米屋の娘・米子を演じた伊藤沙莉など、多くの若手俳優がこの作品をきっかけに飛躍を遂げた。

「連続テレビ小説 ひよっこ」

(C)NHK

物語の舞台となる1960年代後半は、日本が戦後復興を成し遂げ、東京オリンピックも開催されるなど、まさに急成長した時代。ドラマは架空の人々の物語だが、当時のニュースや流行などがいくつも取り入れられ、登場人物たちが実在しているかのように感じることができる。東京オリンピックにはじまり、ビートルズの来日公演、ツイッギーとミニスカートブーム、昭和のスターや誰もが知っているヒット曲など、同じ時代を過ごした人たちには懐かしく、当時を知らない世代にとっては当時を追体験できるのも、ドラマの見どころのひとつだ。

純粋で家族思いで温かな人間味を変わらずに持ち続けたみね子――周りの人たちを愛し愛されながら毎日を笑顔で生きた彼女の姿を、この機会に改めて見届けたい。

この記事の画像

放送情報

連続テレビ小説 ひよっこ
放送日時:2020年11月23日(月)8:15~
※毎週(月)〜(金)8:15~2話連続放送
チャンネル:チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!