今泉佑唯が女優復帰作で高いハードルに挑戦!「殺陣にすごく苦労しています」

今泉佑唯
今泉佑唯

今泉佑唯が11月19日(金)から上演される舞台「修羅雪姫」で主演を務め、昨年10月の活動休止以来、約1年ぶりの女優復帰を果たす。

同作品は、1972年に週刊プレイボーイで連載を開始し、その後、梶芽衣子主演で映画化され続編も大ヒットした名作を、ダイナミックなアクション活劇として舞台化したもの。岡村俊一が構成演出を手掛け、脚本を久保田創が担当する。

今回、今泉にインタビューを行い、女優復帰への思いや意気込み、稽古の様子、活動休止前との心境の変化、今後の展望などについて語ってもらった。

――約1年ぶりの女優復帰ですが、現在の心境は?

「9月30日からブログを開設したり本格的にSNSを始めて、ファンの方々と交流していくにつれて『復帰するんだな』という感じだったので、この作品の稽古をしていく中でも『(復帰が)そろそろなんだ』というふうに、やっと実感してきたというのが正直なところです。ただ、この舞台の出演が決まった時に母親から『産後はすごく体力が落ちているけど、そういうことを分かってくれる人ばかりじゃないからね!そんな中でも、こんな素敵な場を設けていただいたんだから、ちゃんと妥協せずにやりなさいね。やるからには、ちゃんと前回の作品を超えてきなさい』ってきつく言われたんですよ。その叱咤激励を胸に、全力でこの作品に挑みたいなと思っています」

――アクション活劇ということで殺陣もあると聞きました。

「毎日頑張っています!舞台『あずみ~戦国編~』(2020年)では普通に刀を持つだけだったんですけど、今回は女性らしさを持たせた殺陣になっていて、構えから佇まい、刀の振り方まで、全部違うものになっているのですごく苦労しています。『(殺陣に関しては)前に培ったものがあるから大丈夫かな』と思っていたのですが、稽古が始まって『あずみの時にやったものは、一旦リセットされるんだ』ってびっくりしました...(泣)」

――母親になるなど人生経験を積んで臨む今作。役への向き合い方などに変化はありましたか?

「以前は役について考えれば考えるほど分からなくなることもあって、理解できても腑に落ちていないみたいなこともあったのですが、今は説明してもらうと『あぁ、そういうことか!』ってすぐに分かるようになってきました。また、表現する上でも、前は全く余裕がなくてなかなか思うようにいかなかったのですが、今は少し余裕が出てきて『こんな感じでアプローチしてみよう』『こんな感じで演じてみたい』など、ちょっとずつですが自分で考えられるようになってきました。この作品に携わる中で感じた感覚なので、以前と比べて大人になって視野が広がったんだと思います(笑)」

――役に共感したところはありましたか?

「『生まれたことに何の罪があるんだ』とか『毎日、一生懸命生きている』というせりふがあるのですが、それらの"生きる"ということに関するメッセージが胸にグサッときていて...。この数カ月、いろんな人からのいろんな声を聞いて、自分の生きている意味を否定されているような気持ちになるようなこともあったんですけど、この作品を通して『生まれてきたことに罪がある人なんていないんだ』って気付くことができて、『生きていることが駄目な人なんていないよね』って思えました。台本を見るたびに(涙が)ボロボロ来ちゃって、本番どうなるんだろうっていうくらい(笑)」

――復讐という困難な道を行く雪ですが、最近の"困難に感じていること"を教えてください。

「いつも出掛ける前の数時間に掃除や洗濯などの家事を全部終わらせてから出発するのですが、その間っていつも子供の機嫌がいいわけではないので、機嫌が悪いとミルクをあげたり、あやしたりしながら、2、3時間のうちに家事を終えないといけない、ということに苦労しています。『誰か助けて~!』と思うことがけっこうあります(笑)。あと、最近の悩みでいうと、産後で髪が抜けること...。本当にヤバくて、今日の朝もシャワーを浴びて髪の毛を乾かしたら、床一面自分の髪の毛だったんですよぉ。本番の時、ヤバいかもしれない!(笑)」

――今後の展望は?

「お休みしている期間ずっと『舞台やりたいな』『舞台に立ちたいな』という思いがあったので、この作品が終わってもまた舞台の仕事に携われたらいいなという気持ちがありますね。映像は映像の良さがあるのですが、演じていて目の前でお客さんのリアクションが分かるのがすごく好きで、"2度と同じ公演がない"というところにすごく魅力を感じているんです」

――最後に観劇にいらっしゃる方々、ファンの皆さんにメッセージをお願いします!

「ちょっと面白いところや泣けるシーン、そして主題歌を歌わせていただいたりと盛りだくさんの内容になっていますので、皆さんに楽しんで観ていただけると思います。楽しみにしていてください!」

文=原田健 撮影=中川容邦

この記事の画像

舞台情報

舞台「修羅雪姫」
11月19日(金)~11月21日(日)
会場:CBGK シブゲキ!!

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!