北村匠海が暗い過去を持つ若手ボクサーに!三者三様の理由で森山未來勝地涼とリングに立つ『劇場版「アンダードッグ」』

多数の映画賞を席巻した『百円の恋』(2014年)から6年、監督・武正晴、脚本・足立紳をはじめとする製作陣が再び集結した。映画『劇場版「アンダードッグ」』(2020年)は、人生の崖っぷちに立たされた負け犬ボクサーたちが織り成す人間模様を描く。

本作の主人公・末永晃は、かつて日本チャンピオンの座を懸けた試合で勝利を目前にして逆転負けを喫す。以来、転落の一途をたどりながらもチャンピオンの夢を諦めきれず、対戦相手を引き立てるための"咬ませ犬"(=アンダードッグ)としてリングに上がり続けていた。そんなある日、大物俳優の2世タレントでお笑い芸人のボクサー・宮木瞬との対戦が決まる。親の七光りに反抗心を持つものの、夢も笑いも半人前な宮木は、自らの存在を証明するかのようにボクシングに挑む。宮木との試合後、別居中の妻からは正式に別れを切り出されるなど、ますます周囲から冷遇される末永。そんな末永に、若手ボクサー・大村龍太が対戦試合を申し込む。実は彼らには過去に意外な接点があった。三者三様の理由で再起という名のリングに立つ、不屈のルーザーたちの姿が色濃く映し出されている。4時間半以上に及ぶ長編群像劇の前半は、末永vs宮木を軸に熱いドラマが展開。後半では、末永vs大村の互いの意地を懸けた戦いが繰り広げられる。

主人公・末永晃は、ダンサーとしても国内外での活躍の場を広げる俳優・森山未來が演じた。プロ顔負けのストイックなトレーニングを重ね、持ち前の高い身体能力にさらに磨きをかけて挑んだボクシングシーンは圧巻だ。卓越した演技力で、夢破れてなお夢を諦められない男のやさぐれた雰囲気や情けなさをリアルに醸し出す。芸人ボクサー・宮木瞬役は勝地涼が務めた。芸人くずれの絶妙な軽薄さとボクシングへの覚悟を感じさせる真剣な表情とのギャップが光る。

劇中で真剣な面持ちで試合に挑む末永晃(森山未來)、大村龍太(北村匠海)
劇中で真剣な面持ちで試合に挑む末永晃(森山未來)、大村龍太(北村匠海)

(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

そして、若手ボクサー・大村龍太を演じたのが北村匠海だ。児童養護施設で育った大村は、末永との出会いからボクシングに目覚めるが、過去に起こした事件によって期待された将来に暗い影を落とす。天才ボクサーとして夢に溢れているはずの青年ながら、どこか陰のある雰囲気を滲ませているという難しい役どころだ。ストイックな減量と徹底したトレーニングを積み重ねた北村は、無駄のないシャープで筋肉質な肉体へ変化を遂げ、スピードを武器とする躍動的なボクサーを体現した。また、他人を虫ケラのように扱ってきた過去と、妻子へ深い愛情を注ぐ幸せに満ちた現在も細やかに演じ分けている。奥底に空虚な闇を感じさせる暗さ、ボクシングに魅せられた純粋な子供のようなきらめき、リング上での殺気だった鋭さ。大村龍太という1人の人間を生きる瞳の表現が秀逸だ。

子役から活動してきた北村は、青春映画『DIVE!!』(2008年)をはじめ様々な話題作に出演してきた。『君の膵臓をたべたい』(2017年)では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。人気ダンスロックバンドDISH//のメインボーカルとギターを務めるなど、多方面で才能を開花させている。近年で言えば、2021年は主演映画『東京リベンジャーズ』・『明け方の若者たち』が公開し、今年は日英共同企画スペシャルドラマ「名探偵ステイホームズ」で主演を務め、出演映画『とんび』が公開と活躍は多岐に渡る。まだ20代前半にして多彩なキャリアを誇る北村が、極限まで自分を追い込んで若きボクサーを熱演している本作。森山、勝地、北村の並々ならぬ熱意が感じられる鍛え抜かれた肉体同士がぶつかり合う試合のシーンは、本物のボクサーがそこに存在しているかのようだった。器用には生きられない男たちは拳で己の人生を語るしかないのだ。泥臭くても無様でも最後まで戦い抜く姿は、見ているこちらの目頭を熱くする。

文=中川菜都美

この記事の画像

放送情報

劇場版「アンダードッグ」前編
放送日時:2022年7月2日(土)23:25~
チャンネル:WOWOWシネマ
劇場版「アンダードッグ」後編
放送日時:2022年7月3日(日)1:40~
チャンネル:WOWOWシネマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事