長濱ねるがアイドルについて語る「私自身、アイドルだったことがすごく誇りです」

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」でチェアマンを務めた長濱ねる
「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」でチェアマンを務めた長濱ねる

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック」が8月5日から7日の3日間にわたって東京・お台場、青海エリアで開催された。さまざまなアイドルたちが個性あふれるパフォーマンスを披露し、来場したアイドルファンたちと共にイベントを盛り上げた。

同イベントは2010年からスタートした日本初の"アイドルに特化した大規模同時多発的音楽フェス"で、新型コロナウイルスの流行による初の開催中止をはさみ昨年は10月に有観客とオンラインで開催。今年は3年ぶりの夏の開催となった。

今回、昨年に引き続きチェアマンを務めた長濱ねるにインタビューを行い、2回目となるチェアマンとしての思いや開催期間中のイベントの様子、最近のテンションが上がったエピソードなどについて語ってもらった。

――前回に引き続きチェアマンを務められますが、意気込みやTIFに懸ける思いは?

「昨年は初めてのチェアマンを務めさせていただき、『ねる、取材行ってきます~TOKYOアイドルタイムズ~』という事前番組で記者としていろんなアイドルさんを知って、私も一緒にTIFを楽しんでいくっていう感じだったんですけど、今年は2年目ということで、より中に入った活動ができたらなと思っています」

――開催中はいろいろなアイドルさんを取材されていましたが、会場の雰囲気などはいかがでしたか?

「久しぶりの夏開催ということで、皆さんすごく盛り上がっていました!暑いとアイドルさんたちや来場されるファンの皆さんの体調が心配なのですが、そこまで猛暑じゃなくいい具合の気温だったので安心しました。取材をさせていただいて、改めてアイドルの皆さんの持つ"観客の皆さんを巻き込んでいく力"というのはすごく素敵だなと思いました。私もいろんなステージを拝見する中で、知らない曲でも一緒になって楽しめたり、アイドルの皆さんの煽りですごくグッと近くなれる感じがして、『TIFで初めて見るアイドルさんも好きになる方はたくさんいるんじゃないかな』と強く思って、『とても愛にあふれているイベントだな』と感じました」

イベント情報

TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック
2022年8月5日(金)~7日(日)

長濱ねるのスカパー!出演情報は公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事