窪田正孝が「カメレオン俳優」ぶりを発揮!宮沢りえとの絶妙なバディが笑いを生む映画『決戦は日曜日』

「決戦は日曜日」
「決戦は日曜日」

(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

2006年のデビュー以来、作品ごとに全く異なる印象を与える"カメレオン俳優"ぶりが高く評価されている窪田正孝。8月6日に34歳の誕生日を迎えた今年は、月9初主演となった人気シリーズを映画化した『劇場版ラジエーションハウス』をはじめ、『マイブロークン・マリコ』(9月30日公開)、『ある男』(11月18日公開)などが立て続けに公開され、来年も斎藤工が監督を務める主演映画『スイート・マイホーム』が公開を控えている。

ヒューマンドラマ、ミステリー、ホラーと多彩なジャンルで活躍する窪田だが、2022年の年明け早々に公開された主演映画『決戦は日曜日』では、雰囲気をがらりと変えてコミカルな魅力を発揮している。

窪田正孝と宮沢りえの絶妙なコンビが笑いを生む「決戦は日曜日」
窪田正孝と宮沢りえの絶妙なコンビが笑いを生む「決戦は日曜日」

(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

9月23日(金)にWOWOWシネマで放送する本作は、窪田と宮沢りえが共演したポリティカルコメディ。とある地方都市で当選を続けていた衆議院議員・川島が病に倒れ、それと時を同じくして衆議院が解散。川島の娘・有美が後継者として担ぎ出され、その補佐役として川島の私設秘書・谷村勉が業務にあたるが、政界に無知な二世候補に振り回される...。

そんな前代未聞の選挙戦の裏側をコミカルに描き出したのが、『東京ウィンドオーケストラ』(2017年)や『ピンカートンに会いにいく』(2018年)など、日本コメディ映画の新時代を担う坂下雄一郎監督。約5年の月日をかけて執筆した坂下監督のオリジナル脚本に惚れ込み、出演を快諾したという窪田が、主人公の議員秘書・谷村勉を演じた。

事なかれ主義だった谷村がぶち当たる、有美の想定外の行動。とんでもないやらかしに呆れ、驚き、尻拭いに奔走する日々を送る中で、忘れかけていた仕事への熱意や正義感が少しずつ変化していく。生気のない冷めた目から、だんだん素直な感情を露わにし、ついには彼女の"作戦"に乗ってしまう。真っすぐな有美の謎の熱意にあてられて、いつのまにか瞳に光を宿している。物語の始めとは表情や声がまったく異なり、谷村の成長がはっきりと見てとれる。

この記事の画像

放送情報

決戦は日曜日
放送日時:2022年9月23日(金)23:15~
チャンネル:WOWOWシネマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事